HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

「セルフ・ハンディキャッピング」を克服する方法

やる前から、失敗したときのことを考えて言い訳をすることを「セルフ・ハンディキャッピング」と言います。こういう見苦しい言い訳をする人は、たいてい自信がない人です。では、どうすればセルフ・ハンディキャッピングを克服できるのかご紹介します。

内藤 誼人

  • 閲覧数:1,798 views

目次

  1. 〇自分への「言い訳」と「正当化」をやめてみる
  2. 〇「セルフ・ハンディキャッピング」を克服する
     
    • 自分への「言い訳」と「正当化」をやめてみる

      やる前から、失敗したときのことを考えて言い訳をする人がいます。
      こういうのを「セルフ・ハンディキャッピング」と呼びます。自分にはハンデがあるのだから、失敗するのも当たり前だというわけですね。
      けれども、こういう見苦しい言い訳をする人は、たいてい自信がない人です。勝負をする前からすでに白旗をあげているようなものですから、自信がつくわけがないのです。
    • 「セルフ・ハンディキャッピング」を克服する

      テキサス大学のトッド・リスカは、体育学部の学生189名にランニングの試験をさせたことがあります。その際、リスカは、どれくらいセルフ・ハンディキャッピングをするのかも調べました。
      「今日は体調が悪いからタイムはそんなによくないと思う」
      「今日は、ちょっと集中できない気がする」
      「昨日、よく眠れていないから」
      こういう言い訳をするのかどうかを調べる一方で、自信を測定するテストも受けてもらいました。
      その結果、自信のある人は、こういう言い訳を「しない」ことが判明したのです。
      自信を持つためには、まだ何もやっていないのに言い訳するクセを直す必要があります。「どうせうまくいきっこない」と思っていたら、うまくいくわけがありません。「自分なら、絶対にいい結果が得られる」と信じなければ、本気を出せるわけがないのです。
      自信のない人は、言い訳と正当化の名人です。
      「理屈と膏薬は、どこにでも付く」という言葉があります。
      自信のない人は、よくそんな言い訳をデッチあげられるものだ、と感心してしまうほどに、みごとな言い訳をこねくりだすものです。そういう言い訳を事前に用意しておくことで、自分が傷つかないように身を守っているのでしょう。
      ただし、それをやっているうちには、自信などつくわけがありません。
      我が身を振り返ってみて、どれくらい言い訳をしがちなのかを考えてみてください。何かをする前から、クセのように言い訳をしてしまう人は、そういうところを改めるようにしなければなりません。
      もし言い訳が頭に浮かんだら、「でも、やってみなきゃ、本当のところはわからない」と、すぐに打ち消すようにしてください。
      言い訳しそうになるたび、言い訳をするのは自分が弱いからだ、ということを素直に認め、言い訳しそうになる自分を叱咤してください。
      これをくり返していけば、少しずつ自信もついてくるでしょう。
自信をつける習慣 よけいな迷いが消えていく58のヒント

自信をつける習慣 よけいな迷いが消えていく58のヒント

内藤 誼人

明日香出版社

自分に自信が持てない人へ「何をやってもうまくいかない」「実績なんてひとつもないし…」 そんなふうに考えて、なかなか行動できない人が少なくありません。一方で、何の根拠もないのに不思議と自信を持って行動をしている人もいます。どうしたらそのような「行動力」や「思い込み力」が手に入るのでしょうか。それにはちょっとしたコツがありました。本書では、自信を持った人になるための意識を変える方法、さらには自信がある人が自然にやっている行動習慣を58個のヒントにまとめています。

    楽天ブックス オムニ7

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ