HALLOM(ハロム)

更新

ヨガ初心者向け基本と心得【ヨガインストラクター監修】

あまり激しい動きをするわけではないヨガですが、それでもヨガに取り組む方々の引き締まった身体や柔らかさを見ると、「私には無理」と思ってしまう人も少なくありません。しかし、筋力も柔軟性も、何歳からでも鍛えることが可能なのだと美容家の飯田くにこさんは言います。何歳からでも始められるヨガの秘密を飯田さん監修の書籍からご紹介します。

飯田くにこ

  • 閲覧数:415 views

目次

  1. ○目標はポーズを完成させることではなく、幸せな気持ちで満たされること!
  2. ○何歳からでも筋力、柔軟性はアップする
     
    • 目標はポーズを完成させることではなく、幸せな気持ちで満たされること!

      ヨガは、ポーズをつくるのが目的ではありません。ですから、お手本のポーズをつくれないからといって、「ヨガは無理」と判断しないでください。
      ヨガをはじめたい人によく聞かれるのが、「体が硬いけどできますか?」というもの。
      ヨガのポーズで優先すべきことは、「美しい」ではなく、「正しい」です。見た目はいまひとつでも、正しい姿勢なら心と体を整えることができます。
      深く曲がらないなら、浅く曲げる。両足を大きく広げられないなら、狭くする。手を上げられないなら、腰に手をあてる。
      それでもむずかしいなら、クッションや丸めた毛布などを体の下に置いたり、分厚い本やブロックの上に手や足を置いたり、それから壁や椅子を支えにするなどして、お手本のポーズそっくりとはいかないまでも、似たポーズをつくることができれば、それで十分。
      その姿勢をキープして、ゆっくり深く30秒くらい呼吸したあとに、「気持ちがスッキリした」「心が落ち着いた」と思えたら、目的は達成したことになります。それで、やるべきことに集中できるようになったり、気持ちが前向きになれたりしたら、ヨガ効果があらわれたということです。
    • 何歳からでも筋力、柔軟性はアップする

      お手本のようなポーズをつくるには筋力や柔軟性が必要ですが、人間の筋肉や関節は、使っていなければ衰えますし、硬くなります。運動を定期的に行う習慣がない人は、加齢とともにやはり筋肉は衰え、関節は硬くなります。
      運動をなにもしていない人が、すぐにヨガのポズをつくれないのは普通のことなのです。
      しかし、ヨガが習慣になると、その悩みは解消されます。
      なぜなら、ポーズをキープすることで筋力はつき、硬くなっていた筋肉や関節もやわらかくなるからです。筋力は90歳を超えてからも、鍛えると強くなることがわかっています。ですから、ヨガをはじめるのは何歳からでもいいのです。
      体が硬いと自覚している人には、ヨガをしている人がうらやましく見えがちですが、その人たちも決して最初からポーズをつくれたわけではないのです。

まいにちおうちヨガ

飯田くにこ(監修)

セブン&アイ出版

Chapter1 はじめてのヨガより

「忙しくて教室には通えない」「高いレッスン料は払いたくない」という読者のために、自宅でできる「宅ヨガ」を提案します。姿勢改善で若返るだけでなく、心身ともにリラックスして新しい年度を過ごせること間違いなしです。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ