HALLOM(ハロム)

更新

【美容皮膚科医執筆】美白のためのシミ対策

知らず知らずのうちに増えていくシミは、女性がかかえるお肌の悩みの中でもとても多きなウェイトを占めるものですよね。店頭にもシミ対策コスメをよく見かけることができますが、一言に「シミ対策」と言っても、実はシミと戦うアプローチは3段階あるのだそうです。それぞれの段階に適したシミ対策コスメを知って、効率よくシミと戦いましょう。

小柳衣吏子

  • 閲覧数:168 views

目次

  1. ○美白アプローチ1│紫外線を浴びた事実を、もみ消す!
  2. ○美白アプローチ2│メラニンの生成を、ブロックする!
  3. ○美白アプローチ3│できてしまったメラニンを、排出する!
     
    • 毛穴と並ぶ美容の大きなテーマが「シミ対策」です。シミ対策コスメは、店頭にあふれています。
      「シミと戦うアプローチ」は三つ。どのアプローチで攻めるかが重要。三つのアプローチとは「もみ消す」「ブロックする」「排出する」です。
    • 美白アプローチ1
      紫外線を浴びた事実を、もみ消す!

      会社でも家庭でも、隠ぺいはいけません。でも、お肌が紫外線(UV)を浴びてしまった事実を、メラノサイトに伝えさせないようにする隠ぺい工作ならOKでしょう!?
      肌がUVを浴びると、表皮にある「ケラチノサイト」から、メラニン色素をつくる細胞である「メラノサイト」へ指示が飛びます。「メラニンをつくって、UVの刺激から肌を守れ!」と。
      この情報伝達を断ち切れば、メラニンができません。ここで役立つのが、例えば頰にできる「肝斑」の治療に使われる「トラネキサム酸」。「プラスミン」というメラノサイトを元気にしてしまう因子をブロックしてくれます。
    • 美白アプローチ2
      メラニンの生成を、ブロックする!

      「もみ消し成分」もすべての情報を断ち切ることはできないので、メラノサイトにはある程度の情報が届いてしまいます。メラノサイトでメラニンがつくられる際には「チロシナーゼ」という酵素が働きます。
      このチロシナーゼを阻害するのが2番目の美白アプローチ。スポット的にできてしまったシミを薄くしたい人には、このアプローチが効果的です。
      「ハイドロキノン」「ビタミンC」をはじめ、「アルブチン」「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」などが、素晴らしい妨害工作をします。
      なかでも、「ハイドロキノン」は、チロシナーゼ活性阻害効果の高さが抜群で、クリニックのシミ治療によく使われている成分です。できてしまったメラニンを「黒さが足りない不良品」にしてしまう美白作用まであります。スポット的にできてしまったシミを薄くしたい人には、このアプローチが効果的です。
    • 美白アプローチ3
      できてしまったメラニンを、排出する!

      三つめのアプローチは、肌の代謝(ターンオーバー)を促進することで、できてしまったメラニンをどんどん肌の外に押し出すという美白法です。肌が全体的にくすみがちな人に向いています。「レチノール(ビタミンA)」が、この働きをします。
      レチノールはシミだけでなく、シワ対策としても以前から化粧品に使われている成分ですが、肌を乾燥させる面もあるので、レチノール入りのコスメを使う場合は保湿もしっかり行いましょう。クリニックでは、レチノールに似た構造でより強力なパワーを発揮する「レチノイン酸(トレチノイン)」という成分を使います。
      以上、シミと戦う美白の3アプローチをざっとご説明しました。コスメやお薬を買うとき、そして使うときに、「この成分はどんなふうに効くのかな?」と意識すると、シミ対策にさらに前向きになれるのではないでしょうか。
      そう、前向きになっていただくことはとても重要です。というのも、シミ対策は長期戦だからです。(医療用レーザーで一発解消!という手もありますが)
      ハイドロキノンやトラネキサム酸などをクリニックで用いる場合でも、少なくとも2カ月はかけてじっくり治療していきます。肌の代謝サイクルを考えると、どうしてもそのくらいかかります。市販の化粧品は、これらの成分よりもさらにおだやかに作用する(要するに弱い)わけですから、たいていは半年以上継続使用すべきものです。
      その長期戦の間、心がけていただきたいことが二つあります。一つめは、熱心に美白に取り組むあまり、美白コスメを力強く塗り込んだりしたら逆効果ということ。かえってシミが濃くなる可能性大です。そう、肌をこすったり、過剰に触ったりするのはバッドエイジングの始まりでしたよね。
      触り過ぎでシミが濃くなって、気になるからコンシーラーを塗り込んで隠して、そのコンシーラーをクレンジング剤でゴシゴシ落として……なんてことを繰り返していたら、負のスパイラル一直線です!
      長期戦の心がけの二つめは、ビタミンCを積極的に摂取し続けること。ビタミンCは「メラニンをつくらせない」&「できてしまったメラニンを還元する」のどちらにも作用しますし、うれしい抗酸化パワーもあります。
      さらにわたくしの美白ケアは、ビタミンC美容液を毎日朝と晩に塗ることです。その際、「浸透してね~」と念じることが大切です(真剣にね!)。そして月に一度はケミカルピーリング。肌表面の角質を取り去って代謝アップしたところに、だめ押しで、ビタミンCをイオン導入でぐんぐん入れます。
      「どう効かせているか」を皮膚の細胞をイメージしながら、戦略的美白アプローチを長期戦で。がんばりましょう!

      美肌剤の作用メカニズム

      美肌剤の作用メカニズム
      美肌剤の作用メカニズ表

美肌の王道

小柳衣吏子

日経BP

Chapter2 今日からできる!即効ウェルエイジング美容術より

肌はからだの鑑―。洗顔は肌にとっての試練です。ほうれい線ケアの急所はそこじゃない!肌老化、その7割はUVから。その糖分お肌を黄ばませたるませる。美肌道きょうからあなたも習慣化。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ