HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

便秘や下痢など腸内環境を整える方法7選

不規則な生活で、食事も偏り、ストレスフルな人はもちろん、よく寝て、栄養バランスよく食べて、ストレスをじょうずに解消できていても、かぜをひいたり、調子がイマイチだったりと、不調が出るものです。
そんなときに知っておくと、とってもお得なワザがここに。ぜひ試してみてください。

主婦の友編集部

  • 閲覧数:898 views

目次

  1. ○便秘、下痢
  2. ○体操で便秘をすっきり解消!
     
    • 便秘、下痢

      1日300g以上のヨーグルトを食べる

      腸内環境をととのえるヨーグルトは、快適なお通じのために積極的に食べたいものの一つ。1日に300g以上食べると便秘が解消しやすいといわれています。食べるタイミングは朝食時がベスト。からっぽの胃に入って腸がよく動くためです。

      納豆を積極的に食事にとり入れる

      納豆には、腸内環境をよくして、腸の動きを活発にする作用が有名。便秘も下痢も腸の活動が弱まることが一因なので、対策として納豆を食べることは理にかなっています。2〜3日食べつづければ便秘の改善が期待でき、下痢の予防にもなります。

      食物繊維が豊富な皮つきりんごですっきり

      りんごの皮は、腸の中で水分を吸収してゼリー状になり、老廃物を体外に排出する働きをする「ペクチン」が豊富。電子レンジで皮つきのりんごを加熱し、さらに整腸作用のあるはちみつとオリーブオイルをかけて食べるとおなかがすっきり。

      「黒酢はちみつ」でがんこな便秘も解消

      黒酢もはちみつも、腸内の善玉菌をふやして腸内環境をととのえる作用があります。また、はちみつの成分「グルコン酸」には腸の動きを活性化させる働きも。黒酢をコップのの高さまで入れ、ティースプーン1〜2杯のはちみつを加えて水で薄めて飲めば、お通じがよくなります。

      料理やおやつにプルーンエキスをプラス

      プルーンは便秘解消の強い味方。市販のプルーンエキスを活用すれば、料理やおやつにまぜて効率よく摂取できます。トーストやホットケーキにかけるほか、カレーやシチュー、野菜いための隠し味に大さじ2〜3をまぜてもエキスが手軽にとれます。

      大根葉のジュースで胃腸の働きをよくする

      大根葉はビタミンやミネラルが豊富。葉つきの大根が手に入ったら余さず活用を。洗ってジューサーやミキサーでペースト状になるまでかくはんすれば、大根1本分の葉で5日分のジュースのもとが完成。水やオレンジジュースで薄めて飲みましょう。
    • 体操で便秘をすっきり解消!

      体操で腸を適度に刺激することで、便を押し出すぜん動運動が促進され、便意が起こりやすくなります。特に、朝行うと効果的です。

      お祈り体操

      お祈り体操

      朝起きたら寝床の上で正座をし、両ひざに胸を引き寄せるようにうつぶせになる。さらに、お祈りをするように両手を伸ばしてひたいを寝床につけ、肩とひじの力を抜いてリラックス。おしりが浮かないように注意しながら、内臓を押し洗いするつもりで10回ほど深呼吸。腸の動きを活発にし、便秘に効く。

      バタ足体操

      バタ足体操

      床にうつぶせになり、手を顔の下におく。水泳のバタ足をするように、ひざを伸ばしたまま足をゆっくり大きく上下させる。10回を目安に行って。足を上下させるたびに下腹部がほどよく刺激され、動きが鈍った腸を活性化。便意を起こりやすくし、滞りぎみのお通じ改善にプラス。

      コロコロ体操

      コロコロ体操

      あおけに寝転がって両腕でひざをかかえ、自分が丸いボールになったつもりで、前後左右にコロコロと動く。深呼吸しながら1分間つづけると、内臓が圧迫されたりゆるめられたりのマッサージ効果があり、便通がよくなる。

一生モノの知恵袋 すっきり節約編

主婦の友編集部

主婦の友社

第5章 健康の知恵袋より

読むだけですぐに役立ち、実行すると毎日の暮らしと気持ちが超すっきり。時間、お金、場所、手間の節約にもなる知恵と工夫をギュギュギュっとお届けします。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ