HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

美容効果抜群!モテ効果たっぷりの野菜4選

酵素が豊富な野菜は、どれもキレイになるモテ効果抜群ですが、日本ファスティングインストラクターズ協会代表理事でもある前田由紀子さんがとくにおすすめのものをご紹介していきます。

前田 由紀子

  • 閲覧数:110 views

目次

  1. ○野菜別のモテ効果
  2. ○ブロッコリースプラウト
  3. ○トマト
  4. ○セロリ
  5. ○ニンジン
     
    • 野菜別のモテ効果

      ここでは、野菜の種類別のモテ効果をお伝えしておきましょう。
      レシピどおりにつくってもいいのですが、ご自分で工夫してつくるときの参考にしていただきたいと思います。
      酵素が豊富な野菜は、どれもキレイになるモテ効果抜群ですが、とくにおすすめのものをご紹介しておきましょう。
    • ブロッコリースプラウト

      ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの新芽で、そのまま育つとブロッコリーになるのですが、なんと、このブロッコリースプラウトは、酵素を体内でつくり出すスルフォラファンを豊富に含む食品の中で含有率ナンバーワンなのです。
      スルフォラファンは体内に取り込まれると、各細胞で体を防御する酵素の生成が促されます。
      ファイトケミカルとは、植物に含まれる天然の化学成分の総称です。
      そして、、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンの量は、ブロッコリーの20倍以上もあり、その坑酸化作用は3日間も持続するといわれています。
      また、ブロッコリースプラウトには、優れた抗酸化作用があるだけでなく、肝臓の解毒、ピロリ菌(胃炎や胃がんを引き起こす危険因子)の除去、花粉症の抑制、内臓脂肪蓄積の軽減などにも効果があることが発表されています。
      今は手軽にどこのスーパーでも置いているのもうれしいですね。ブロッコリースプラウトには及びませんが、アルファルファ、カイワレ大根といった新芽の野菜にもスルフォラファンは含まれています。
    • トマト

      トマトはおなじみの食材ですが、トマトの赤い色素であるリコピンには、強力な抗酸化作用があります。
      リコピンの活性酸素を消去する能力はビタミンEの100倍あるといわれていて、肌細胞のサビつきを防いでくれます。女子力のカタマリのような成分ですね。
      さらに、リコピンには乳がん、肺がん、子宮がんなどのがん細胞の成長を抑える作用があることや、皮膚がんの原因となる紫外線から皮膚を守る作用があることもわかっています。
      私は、福岡県の糸島にある農家さんで、1年間有機農業のお手伝いをさせてもらった経験があります。
      スムージーやローフードは生のままで食材を使います。栄養素は皮に含まれていることも多く、それらを丸ごと食べることを考えると、やはり無農薬の有機野菜がおすすめですが、それがどんなふうに生産されているか、生産者がどのような考え方で作物をつくっているのかということを、自分の目で見て、体験し、知っておきたかったのです。
      そのときに教わったことですが、トマトは、南米のアンデスが原産だけあって、痩せた土地で、水をあまり与えなくても元気に育ちます。むしろ、あまりかまわないほうが甘くておいしいものができるのですね。それだけ強くて栄養豊富だということです。
    • セロリ

      生のセロリには、アンドロステロンという、フェロモンのもととなる男性ホルモンが含まれており、男性が食べると性的なパワーが高まるとされています。
      このアンドロステロンには、若返りや免疫力アップをサポートし、美肌をつくるなど女性にとってうれしい効果もたくさんあります。
      また、セロリにはビタミンも豊富です。ビタミンCが多く、メラニンの生成を抑え、肌を白く保つ作用があります。ビタミンEには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を促してくれるほか、老化の原因となる過酸化脂質を抑える働きもあります。
      また、カリウムも豊富なセロリ。カリウムには、余分な塩分を排出する作用があり、むくみを解消してくれます。ビタミンEやカリウムの働きは、血行をよくしてくれますから、新陳代謝を促してくれます。新陳代謝が正常であれば、シミを防ぐこともできますし、美肌をつくることができます。
      さらに、食物繊維も豊富。腸内環境を整える働きがある食物繊維を摂ることで、便秘の改善につながります。
    • ニンジン

      ニンジンに含まれているβカロテンは、肌の調子を整え、潤いや透明感をもたらしてくれます。
      βカロテンは、体内でビタミンA(レチノール)に変換されます。それはプロビタミンAともいわれていますが、体内で必要な量のビタミンAに変わることで皮膚の細胞の成長を助けて肌の修復を早めます。ニンジンを食べると、モチモチした質感の肌になるのは、そのおかげです。
      また、βカロテンは、抗酸化作用も強く、シミやシワの改善にも効果的です。また、免疫力がアップするのでアレルギーにも効果があるといわれています。βカロテンの効能については、バジルの項目も参照ください。
      ニンジンには水溶性食物繊維のペクチンも多く、腸の善玉菌が増えて便秘改善にもなります。
      ニンジンは皮に近いほうが栄養を豊富に含んでいるので、皮は剥む かないか、薄めに剥きましょう。
      また、βカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高くなるので、オイルドレッシングと一緒に食べるのが効果的です。
美人は7日で作られる

美人は7日でつくられる

前田 由紀子

フォレスト出版

3章 艶めきを引き出す「スムージー」と「ローフード」より

艶めくモテ体質に生まれ変わる一生ものの「美人の習慣」!本書でみなさんにご紹介する7日間プログラムは、ファスティングとローフードによる美、健康、恋愛に効く食のメソッドです。たった1週間、食習慣を変えるだけで、体も心も新しい自分に生まれ変わることができるのです。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ