HALLOM(ハロム)

更新

【柔道整復師執筆】健康な肌作りに必要な栄養素とは

美白をうたった化粧品はどれを選んでよいかわからないほど種類豊富ですが、体内から必要な成分を補うこともとても重要です。美白のための成分と言えばビタミンCを思い浮かべる人は多いと思いますが、それだけではありません。体内から美白を育てるために必要な成分のとり方をご覧ください。

沢田大作

  • 閲覧数:112 views

目次

  1. ○美白成分は外から美容液を塗るだけでなく、体内から育てるのが効果的
     
    • 美白成分は外から美容液を塗るだけでなく、体内から育てるのが効果的

       

      1 外からのケアだけでなく、内側からしっかりと

      2 抗酸化成分を取り入れて

      3 蓄積できない成分はこまめに摂取

      どれを選んでいいか分からないくらい種類豊富な美白、美肌用化粧品。外側からのケアももちろん大切ですが、体内から補うことこそ、欠かせません。健康な肌作りにはビタミンを始めとして、たんぱく質、脂質、ミネラルなどバランスよく摂取しましょう。美白には日焼けだけでなく、ストレスも大敵です。活性酸素が発生するときは、抗酸化成分を摂取しましょう。食べているものによって、別人のように肌質も変化します。
      まず第一によく知られているのが「ビタミンC」。レモンやオレンジなど柑橘系果物が挙げられます。次いで「ビタミンE」。脂溶性のビタミンで、ナッツやアボガド、えごま類に含まれます。そして「L-システイン」。代謝を促し、メラニンの生成を抑制します。皮膚に沈着したメラニンの排出を助けます。大豆や蜂蜜に含まれています。各種ビタミンやL-システインは体内に蓄積できないため、意識的に摂取することも必要です。

      美白成分

人生が変わる、読むやせぐせ

沢田大作

主婦の友社

第1章 満身創痍を解消するより

暇さえあれば、指で押すだけ!小顔になっちゃうツボってドコ!?ハイボールとウーロンハイ、どっちがやせる?カラダを知り尽くしたゴッドハンドが実証!!知っているだけで自然と意識し、不調をスッキリとってやせる術。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ