HALLOM(ハロム)

更新

【管理栄養士執筆】血液をサラサラにする「オメガ3」のオイルとは

近年アマニ油などで注目を集めている「オメガ3」の効果をご存知ですか?ほかにどのような食品からとれるのか、どのような効果があるのか、アンチエイジングをテーマとしたレストランを都内で経営する管理栄養士・堀知佐子さんの著書からご紹介します。

堀知佐子

  • 閲覧数:196 views

目次

  1. ○血液をサラサラにする「オメガ3」のオイル
     
    • 血液をサラサラにする「オメガ3」のオイル

      オメガ3は亜麻仁油やエゴマ油、魚の油に含まれる「αリノレン酸」です。
      血流をサラサラにし、脳の血管を広げたりするため、健康効果が高いです。
      しかし、体内では合成できないため、食品から摂取する必要がある栄養素です。
      オメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)には、血液の通り道を塞ぐ悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす働きがあります。
      DHAには、赤血球と毛細血管を柔らかくする作用があるそうです。マグロの頭部、特に目の裏にあるゼラチン状の部分に多く含まれていることでも知られています。
      EPAを継続的に摂取することで、血中の中性脂肪値が低下することが、研究により認められているそうです。
      さらに、余分なコレステロールを回収してくれる善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす働きを同時に持っているのが優秀なところです。
      血液サラサラ効果が期待でき、血流を改善することで心臓の負担を減らし、血圧を調整します。具体的には血液中の赤血球を柔らかくする効果や、血管の内側にこびりついた血栓けっせんも溶かしてくれるのだとか。
      そんないいことだらけのようなオメガ3ですが、実は非常に酸化に弱い構造のものですから加熱調理には向いていません。加熱には十分気をつけて調理しましょう。

若返り食生活

堀知佐子

きずな出版

第3章 からだまるごと若くなる!より

30代からだんだんと衰えていくからだ。そんなからだの中から健康に、見た目もキレイになるために必要な食材・栄養素・調理法・時間など食事のすべてを網羅したのが本書。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ