HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

【管理栄養士執筆】お酒のシメに最適な食事とは

お酒のシメには無性にラーメンが食べたくなる!という人は少なくありませんが、体の仕組みから考えるとシメはごはんとお味噌汁が良いそうです。シメ自体止めた方が体にいいのでは?とも思いますが、実はシメには翌日の体調を左右する大切な役割があるそうです。お酒のシメについて管理栄養士執筆の書籍から、必要性をご紹介します。

  • 閲覧数:90 views

目次

  1. ○お酒を飲んだらシメにはごはんと味噌汁を食べる
     
    • お酒を飲んだらシメにはごはんと味噌汁を食べる

      「お酒=太る」と考える人も多いのですが、お酒では太りません。
      もし太っているとしたら、おつまみや食べ物が大きな原因です。
      お酒の席では、「ごはんは太るから食べない」という人が多くいますが、おつまみではなく、ごはんをきちんと食べましょう。
      前ページでもおはなししましたが、お酒を飲んだら、シメにはごはんと味噌汁がルールです。
      食べずに飲む人はむしろやせている人が多く、量を多く飲んでいたとしても、太りません。
      では、飲むときに食べることを控えたほうがいいかというと、それも違います。アルコールを分解処理する役割のある肝臓は、とてもエネルギーを必要とする臓器です。
      エネルギー不足では肝臓の機能がうまく働かないため、カロリーが必要です。残念ながら、アルコールでとったカロリーはそこには使えません。きちんと食事をして、食べ物のカロリーで肝臓を動かす必要があるのです。
      肝臓を効率よく動かすために必要なエネルギーが炭水化物です。炭水化物が少ないと肝機能が悪くなりやすいため、食べずに飲む人は要注意。健康的にお酒を楽しむために、お酒を飲むときには、おかずやおつまみを減らし、シメにごはんを食べましょう。
      または、飲む前におにぎりで軽く小腹を満たすと、過食防止になります。もし、宴会やコース料理でごはんが出ない場合は、家に帰ってからごはんを食べましょう。
      シメにごはんを食べると、朝の体調が明確に違います。お酒は残らないうえ、胃が軽く感じられるはずです。

食べて飲んでおなかからやせる

柏原ゆきよ

かんき出版

Part4 おなかからごっそりやせる食習慣より

10日でウエスト-5~8センチ。おなかいっぱい食べているのに、どんどんやせていく。驚くほどカンタンで、一生続けられる最強の食べ方を教えます。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ