HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

成果が出ていない人が成果を出せる人になる方法

学校や職場には個人に対する評価がついて回ります。しかし、それは何か一定のものを基準としてつけられるものですよね。その評価は果たして本当に「優秀さ」を正しく示しているのでしょうか。人を判断するモノサシについて生物学者の著書からご紹介します。

長沼毅

  • 閲覧数:132 views

目次

  1. ○「優秀さ」を測るモノサシは一つではない
     
    • 「優秀さ」を測るモノサシは一つではない

      そもそも完璧な遺伝子だけの人なんてほとんど存在しません。みんな、どこかは都合が悪く、またある部分は都合よくできています。
      たとえば、天才という言葉の通り、先天的なものだとされている「頭の良さ」という観点で考えてみましょう。
      頭の良さというのは、一つのモノサシでは測れません。記憶力に長けている人もいれば、理解力や論理的思考力に特化している人もいます。高い創造力を持っている人もいれば、相手をだます頭の良さもあります。このように、頭の良さにはたくさんの軸があります。
      知能テストもそうです。人間のすべては知能検査だけでは測れません。最近では、IQという指標に加えて、EQ(心の知能指数)と言われる感情についての指標も入れようか、いや、さらにもう一個くらい違った軸が必要なのではないか、などと言われています。
      会社で言われる「優秀さ」も同じことです。
      仕事の良し悪しを測るモノサシはいっぱいあります。ある仕事で結果を出せていない人も、違う仕事を与えたら大いに成果を出すことは多々ありますから、まず成果が出ていないということは、その人の能力が発揮されない仕事を与えているということを疑ったほうがいいと思っています。その人がハイスコアを持っているモノサシで仕事をさせたほうがいいはずです。
      「優秀であるかどうか」は、人間の脳が決めているだけのこと。視点を変えればどうにでもなるものですので、これを深く論じても意味はありません。
      あまり考えずに、自分が得意だと思ったこと、幸せだと感じたことを、行動の軸にするのがいいと思います。

考えすぎる脳楽をしたい遺伝子

長沼毅

クロスメディア・パブリッシング

第2章 あなたの個性を知る方法より

現代人は、脳ばかりが暴走して、身体の限界を超えることをやってしまうバグを抱えているのです。本書では、「科学界のインディー・ジョーンズ」が、過酷な探検と研究のなかで見つけた、『ストレスなく、悩まずに生きる方法』を紹介します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ