HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

人間が1日に呼吸をする回数

いつもしている「自分の息」、意識したことありますか?呼吸の質を改善することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

藤 麻美子

  • 閲覧数:3,392 views

目次

  1. ○いつもしている「自分の息」、意識したことありますか?
  2. ◯私たちは1日に2万回も呼吸している
     
      • いつもしている「自分の息」、
        意識したことありますか?

        はじめにひとつ、みなさんに質問があります。
        私たちは、1日に何回くらい呼吸をしていると思いますか?
        1000回?5000回?いえいえ、そんなに少なくありません。見当もつかないという人は、1分間、ご自身の呼吸を感じ、数えてみてください。さて、何回になりましたか?

         

        さっそく答えをいうと、1日の呼吸数は、約2万回です!もちろん個人差はありますが、平均すると、私たちは1日2~3万回呼吸をしているのです。

         

        私たちは無意識に1日に2万回以上、呼吸している

         

        私たちが毎日どのくらい呼吸をしているか、
        簡単に計算してみましょう。

         

        平均的な体格の大人は、1分間に15~20回の呼吸をしているといわれています。つまり、1日分の回数を計算すると、1分間に15回呼吸をする人は、
        15(回)×60(分)×24(時間)=21,600回!

         

        1分間に20回呼吸する人は、
        20(回)×60(分)×24(時間)=28,800回!

         

        つまり私たちは、毎日2万回以上も
        息を吸ったり吐いたりしているのです。

         

        私たちは1日に2万回も呼吸している

         

        いかがでしょう?想像よりもずっと多くて驚いた、という方も多いのではないでしょうか?
        呼吸という生命活動を、私たちは生まれてからずっと当たり前に、無意識のまま続けてきました。そのため、あえて数をカウントしたり、自分の呼吸に耳を澄ますことなど、これまではほとんどなかったでしょう。
        でもじつは、呼吸はあなたの健康を、そして人生を左右するものです。呼吸の質を改善することで、今より健康になり、さらに人生の質も上げることができるのです。

         

        なぜ、呼吸を変えるだけでそこまで変わるのか。さっそく見ていきましょう。

毎朝10回の「深い呼吸」で体が変わる

藤 麻美子

文響社

呼吸は1日2万回。その質が悪いと「隠れ酸欠」→あらゆる不調の原因に!疲れ・冷え・ネガティブ思考・痛み・不眠・ストレス・血流不足・自律神経の乱れ・老化・むくみ・更年期障害・生活習慣病…普段の呼吸だけでは、じつは酸素不足です。「お腹の底まで息を吸う」1日3分間の習慣で、無意識の2万呼吸の1回1回を、ほんの少しずつ深くする。たった10回の呼吸から、誰もが心と体を整えられるのです。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ