HALLOM(ハロム)

更新

男に負けたくない女性に知ってほしい、女性としての豊かさ

人々は知らず知らず、自分の中に「これをクリアしたら幸せ」などの設定があると言います。その設定は自由で良いはずなのに、中には「満たされない」状態をあえて作ってしまうこともあります。現状に不満がある人こそ実践して欲しい、自分の「設定」の見直し方をご紹介します。

藤本さきこ

  • 閲覧数:771 views

目次

  1. ○限りない尊敬と愛と感謝を持って
  2. ○女性としての豊かさを受け入れる
     
    • 限りない尊敬と愛と感謝を持って

      「男性に負けたくない」
      「男性に甘えられない」
      「男性を尊敬するなんて悔しい」
      ……という人はそう思う前に、自分の中の男性性も否定しています。
      ということは、同時に豊かな女性性も否定しているのですね。
      これは自己否定につながります。
      自分自身にも、尊敬も愛も感謝もないということなのです。
      いつだって、私(藤本さきこ)に新しい世界を見せてくれたのは私の中の男性性です。
      私の中の豊かな女性性が、何かを感じて、感動し、満たされ、何かを生み出したいと思った時に、行動し実現するのは私の中の男性性でした。
      思考して、行動して、私の願いを具現化する男。
      自分で自分の中の男に、「カッコいい」「素敵!」とれしてしまいます。
      男性性の実現した現実でまた女性性が感じて感動し、満たされるのです。
      「男は踏み台」とは、そういう理由です。
      男の力で上った先で、女の力で満たされる。
      そして生み出していくのです。
      そんな私をまるごと引き上げ、押し上げ、新しい世界を見せてくれるのは、現実の男性。必ず100%、自分の中の男性性とぴったりの男性が現実に現れます。
      それは実際のパートナーだけではなく、仕事先やふとした時に出会う男性、私の世界に現れる男性すべてが自分の中の男性性の鏡なのです。
      女性にはない、グイグイと突き進む力、安定したモチベーション、どっしりとした包容力、ブレない軸(ありたい自分である覚悟)は、やはり、「カッコいい」「素敵!」と思います。
      一般的に「男は踏み台」と言うと「なんて高飛車な女だ」と思われますが、本当の意味での「男は踏み台」という言葉には、男性に対する限りない尊敬と愛と、感謝が含まれているのです。
    • 女性としての豊かさを受け入れる

      「パートナーがいて幸せなのに、なぜ結婚しないのですか?」
      「そんなにいろんな男性にモテたいのですか?」
      と尋ねられて、驚いたことがあります。
      「幸せになるのに結婚が必要、当たり前」という設定。
      「パートナーがいるなら結婚してひとりに尽くすべき」という設定。
      この質問だけで、それぞれの持っている設定が自ずと見えてきます。
      私が結婚していないのは、私の設定の中に「結婚したい」が入っていなかったから。
      それに、結婚していてもモテている人もいますし、別に結婚してようが結婚してなかろうが、モテる人はモテます。
      私の中にはない発想だったので、思いもよらない質問でした。
      誰だって、今すぐ何の許可もなく勝手に幸せになっていいはずです。
      勝手に豊かになっていいはずです。
      私の理想は、「不自由なくお金があって、素敵な男性が隣にいて、愛されていて、好きなことばかりしていて、毎日、朝起きるのが楽しくて、愛しく可愛い子どもがいて、心から幸せ」が、私の決めた「設定」です。
      自分で言うのもなんですが、すべて当てはまっています。
      誰しもが、今この幸せを感じられることがたくさん目の前にあるはずです。
      でも、自分で「それは楽しくない」と無意識で設定していて、「違うところで感じて楽しんでいる」だけなのです。
      今すぐ幸せになっていいのに「形式」「常識」「思い込み」や「信じていたいもの」で自分の設定を決めて、「満たされない」状態を楽しんでいるに過ぎません。
      だから、淡々と明らめていきましょう。
      「設定」さえすれば、みんなに可能性があるのですから。
      宇宙はいつもあなたを見守って応援してくれています。

お金の神様に可愛がられる方法

藤本さきこ

KADOKAWA

secrets2 「お金」に愛されるより

「決める」だけ!幸せもお金も恋も愛も、全部、手に入れる!頑張るあなたの毎日が一瞬で幸せになる、3つの秘密です! また、藤本さきこさんの新刊「お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法」も好評発売中!!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ