HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

誰でも簡単!歩きながら腹筋を鍛える方法

人間はひと呼吸で4リットルくらいの空気を出し入れしますが、1リットルは残気量として体内に残ることをご存知でしょうか?加齢や仕事のストレスなどで、この換気量が少なくなっている人が多くいます。この記事では、腹筋の機能や呼吸を意識した歩き方について紹介します。

園原 健弘

  • 閲覧数:2,038 views

目次

  1. ○歩きながら腹筋を鍛える方法
     
    • 歩きながら腹筋を鍛える方法

      酸素を取り込む大切さは理解していただけたと思います。
      酸素を取り込むためには腹筋が大切です。人間はひと呼吸で4リットルくらいの空気を出し入れしますが、1リットルは残気量として体内に残ります。実質は3リットルを換気しながら生活しています。
      しかしながら、加齢や仕事のストレスなどで、この換気量が少なくなっている人が多くいます。一度、肺のなかの空気を全部吐き出してみてください。10秒くらいはかかるはずです。そのときにお腹がぺっこりへこんでいませんか。
      腹筋は、姿勢を維持する機能と、呼吸を促進する機能の2つの機能を持っています。
      横隔膜おうかくまくが肺を潰して、なかの空気を外に出したいのですが、直接的な腹筋などが機能しにくくなると、体内の空気が外に出てくれません。
      さらに仕事のストレスなどで呼吸がうすく回数が多くなれば、酸素を取り込めているようで、まったく取り込めていないという状態が日常になっています。
      こうした状態では脂肪が燃えにくくなるばかりか、細胞が元気をなくし、病気にもなってしまいます。
      マラソンなどで、レース後半に呼吸が苦しくなると腰が痛くなって、腰が引けてアゴが上がってしまうのは、腹筋が呼吸筋としての機能に奪われ、姿勢維持機能が衰えるためです。
      また腹筋がないと、横隔膜を引き上げようと常に肩で息をするという状態になります。こうなると首や肩が緊張しやすく、肩こりなども招きます。
      歩くことによって、腹筋も鍛えることができます。
      「姿勢を維持して歩く」
      それだけでも腹筋の強化になりますが、歩くときに息を吐くほうだけに集中して歩いてください。
      「ふっ!ふっ!」「ふっ!ふっ!」「ふっ!ふっ!」……と、吐くほうだけがんばって歩いてください。
      酸素を取り込むためには肺のなかの汚い空気を出してあげないと、新しい空気は入り込めません。吸うほうは意識しなくても、肺に取り込むことができます。
      気体は圧の低いほうに自然に流れます。大気の気圧より人間の体内の圧のほうが低いので、吐いてあげれば勝手に入ってきてくれます。
      吐くほうを意識して歩けば、腹筋を自然と使います。
      意識してお腹を凹ませて吐いてもOKです。
      酸素を取り込んで脂肪を燃やす、腹筋を使ってお腹まわりシェイプアップ、一石二鳥の歩き方です。
      日常生活のなかでも深い呼吸を意識してください。1分間に4回くらいの深い呼吸を1日1回はするようにしましょう。

あらゆる不調が解決する 最高の歩き方

園原 健弘

きずな出版

「1日1万歩」は必要ない!「歩きのプロ」が教える健康に長生きするためのコツと習慣。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ