HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

「頑張ります」に代わる仕事で信頼される口グセとは

仕事で何か任された時、「頑張ります」と答えたりしていませんか。仕事で信頼され、稼げる人になるには「頑張ります」という気持ちだけではダメかもしれません。20代の若者にビジネスを成功させる法則をコンサルタントしている金川顕教さんの著書から、今日から気をつけたい「頑張ります」に代わる口グセをご紹介します。

  • 閲覧数:245 views

目次

  1. ○「頑張ります」を死語にして、「いついつまでにやります」を口グセにする。
     
    • 「頑張ります」を死語にして、「いついつまでにやります」を口グセにする。

      「キミ。これを企画書にまとめてくれないか」
      と上司にいわれたときの返事で、あなたの将来がわかる。
      「はい、頑張ります」と答えている、と胸を張っているようでは将来はないと思ったほうがいい。
      仕事は一定の日までに仕上げなければ意味がないのだ。
      どんなにいい企画書でも期日に間に合わなければ価値はゼロ。
      少しぐらい不出来でも、締め切り前にあげれば二重丸とする。
      これが仕事の掟なのだ。
      これからは「頑張ります」は死語にして、代わりに「はい。午後イチまでには仕上げます」とか「会議は12日ですね。では11日午前中までにアップします」
      と期日・時間をはっきりいうことを口グセにしよう。
      こういう人は誰からも信頼され、結果、稼げる人に育っていくのだ。

      POINT 口グセは行動を変える不思議な力を持っている。

20代の生き方で人生は9割決まる!

金川顕教

かんき出版

Chapter1 仕事より

一流大学卒業という学歴、安定した一流企業の社員という立場、難関な公認会計士の資格。それらをすべて捨て、非常識といわれる行動をしてきた著者が20代でありえない成功を収めた、その考え方、ノウハウを公開!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ