HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

自分の求める人生のために今すぐ削除すべきクセ

偏差値35から2浪の末、立命館大学に入学し、公認会計士になり、そこからさらに副業で給料の10倍を稼ぐようになった金川顕教さんが若者に贈る、死ぬまでお金に困らないために今すぐやめるべきクセを見てみましょう。

  • 閲覧数:101 views

目次

  1. ○できない理由を探さない。いまの自分から逃げない。
     
    • できない理由を探さない。いまの自分から逃げない。

      「せっかく入ったいい会社をやめるなんて。親がどんなにがっかりするか」とか、「彼女が離れていくだろうから……」などと、会社をやめられない理由を次々あげる人がいる。
      だが、こういう「できない理由」は、親や彼女の口から出た言葉ではないはずだ。
      自分で「できない、やらない」理由を探して、自分にいっているだけなのだ。
      「本当はやりたくない。会社をやめるのはこわい」。そう思っているから、必死にできない理由を探して、逃げているだけだともいえる。
      その結果、できる可能性はゼロになり、稼ぐ自分に変わることも、自分が求める人生にシフトしていくこともできなくなる。
      できない理由探しのクセはいますぐ、〝削除〟してしまおう。

      POINT 「できる理由」だけを考えていれば、「できる」に変わっていける。

20代の生き方で人生は9割決まる!

金川顕教

かんき出版

Chapter1 仕事より

一流大学卒業という学歴、安定した一流企業の社員という立場、難関な公認会計士の資格。それらをすべて捨て、非常識といわれる行動をしてきた著者が20代でありえない成功を収めた、その考え方、ノウハウを公開!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ