HALLOM(ハロム)

更新

子育てと仕事のバランスのとり方

子供を持つことによる仕事への支障、あなたならどう対処しますか?この記事ではあなたが子供を持つ人生、持たない人生、どの人生を選択するかで何が変わるかという事についてご紹介します。

本田 健

  • 閲覧数:825 views

目次

  1. ○子どもを持つことと仕事のバランスを、どう取りますか?
     
    • 子どもを持つことと仕事のバランスを、どう取りますか?

       

      子どもを持つか持たないかで、女性の30代、40代の生き方は、まったく違うものになります。
      子どもが生まれて、ある程度、親の手を離れるまでには、少なくとも5年から10年の時間が必要になります。
      いくら出産休暇や育児休暇が整備されていても、会社が子どもを育ててくれるわけではありません。その間は、どうしても、仕事を休まなければならなかったり、休まないまでも、時短勤務になったり、残業ができなかったりということがあります。
      それでも、そういう制度を利用できる人は、恵まれているほうで、子どもを育てながら働いている女性は、厳しい状況の下、仕事を続けているという人が多いでしょう。
      ところで、仕事をする人にとって、30代、40代というのは、まさにあぶらが乗った時期で、この間にどれだけのキャリアを積み上げていくかで、その後の仕事人生が決まってきます。
      仮に、同じ仕事で、同じ時期に子どもを持った人でも、専業主婦の奥さんがいる男性と、自分自身が出産した女性とでは、女性のほうに大きなハンディがあると言わざるを得ません。
      仕事をしたいという気持ちがあっても、出張には行けない、子どもが熱を出したら早退しなければいけない、そんなことが日常茶飯事さはんじです。
      自然と、いい仕事は自分にはまわってこなくなる、ということがあるのが会社です。
      「子どもなんて産まなければよかった」
      そんな思いにられることがあるかもしれません。
      しかし、それでは、あなたの人生が、もったいないと思いませんか。
      後悔する人生は、好転していきません。
      仕事をしながら子どもを持つ女性が後悔してしまうのは、仕事をする自分に重きをおいているからです。
      「子どもがいなければ、もっと仕事ができたのに」と後悔するわけです。
      けれども、それでは子どももあなたも、かわいそうです。
      子どもを持ったら、子どもを持てたことに重きをおいてはどうでしょうか。子どもを育てるのは本当に大変ですが、子どもを持つことで得る喜びもあります。
      あなたが、これから子どもを持つか持たないかということに迷っているなら、どちらの生き方も間違いではありません。
      子どもを持たずに、仕事をバリバリこなしていくこともできます。
      子どもを持って、仕事はスローダウンすることもできます。
      大事なのは、どちらも自分から積極的に、その生き方を選ぶことです。

       

      幸せを決める
      働き方のルール
      38 残業ができない分は別のことでフォローすればいい

賢い女性の7つの選択―幸せを決める「働き方」のルール

本田健

きずな出版

「仕事との距離の取り方」で、女性の人生は変わる。自分のいまを受け入れて、未来を信頼しよう。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ