HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

女性の運命が決まるのは38歳?その理由とは

働く女性の運命の分かれ道、考えたことがありますか?この記事では女性ならではの運命の分かれ道についてご紹介します。

本田 健

  • 閲覧数:1,698 views

目次

  1. ○38歳で、女性の運命はだいたい決まる、と考えておきましょう
     
    • 38歳で、女性の運命はだいたい決まる、と考えておきましょう

       

      女性が結婚をして、子育てをしていく可能性を考えると、「38歳」という年齢が一つの目安になると思います。
      出産についていえば、40代でも可能ですが、自分の道を決める一つの区切りとして、38歳という年齢があると思います。
      自分の人生を考えるときに、女性にとって、子どもを持つか持たないか、というのは大きなことです。
      けれども、子どもを持ちたいと思っても、それが叶わないこともあります。
      結婚するかどうかということも、自分の思い通りになるとはかぎりません。
      ただ、結婚しないこと、子どもを持たないことが不幸なのかといえば、そんなことはないでしょう。
      子どもを持たないなら、持たないなりの生き方もあれば、幸せの見つけ方もあります。
      けれども人は、手に入らないと思うと、それがものすごく価値のあることのように思えて、あきらめきれないということがあるのです。
      また、それとは逆に、子どもを望んでいたわけではなかったのに、授かってしまうということもあります。
      子どもを授かったことも、授からないことも、運命だと思って、それを受け入れるしかないでしょう。
      ここが人生の大変なところだと思うのですが、自分のなかで、どう折り合いをつけていくのかです。
      子どもを持たない運命ならば、子どもを持ったからといって幸せになれるわけじゃないということを知ることです。
      これは一つの真実ですが、子どもを持つことでの喜びというのは、たしかにありますが、それ以上に、子どもを持ったことで、その子が悩みの種になるということは十分に考えられます。
      また子どもがいないおかげで、自分の仕事により力を注げるということもあります。
      好きな仕事をやってこられたのは、子どもがいなかったからだという人は、キャリアで成功した女性には多いのではないでしょうか。
      20代から30代の前半くらいまでは、まだ運命は決まっていないかもしれません。
      けれども30代後半になったら、ある程度、自分の位置や可能性も見えてくるはずです。
      それを見極めるのが、「38歳」という年齢でしょう。
      自分は、結婚して子どもを持つ人生を選択したいと思うならば、遅くとも30代の後半には、自分に合うパートナーと知り合わなければなりません。
      そのための準備をしましょう。

       

      幸せを決める
      働き方のルール
      40 38歳で運命の方向性を見極める

賢い女性の7つの選択―幸せを決める「働き方」のルール

本田健

きずな出版

「仕事との距離の取り方」で、女性の人生は変わる。自分のいまを受け入れて、未来を信頼しよう。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ