HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

怒らせてしまった時の対処法

相手を怒らせてしまったらまずはどのように対応すればいいか冷静に判断することが大切です。言いたいことがあっても、相手が怒っているときに自分の意見を突き通そうとするのはさらに炎上させるだけです。
100%肯定しなくとも、相手の性格や状況に合わせて上手にやり過ごすコツを身につけましょう。自分が受ける被害を最小限に抑えることができます。

磯部らん(マナー講師)

  • 閲覧数:1,747 views

目次

  1. ○1 冷静沈着モード
  2. ○2 逆質問モード
  3. ○3 脱力モード
  4. ○4 沈黙モード
  5. ○5 ベタぼめモード
     
    • 1 冷静沈着モード

      相手に同調して取り乱してしまうと、思うつぼです。ゆっくりとした口調、低めのトーンで、相手を諭すように冷静にしましょう。

      感情的に怒っているときに有効

    • 2 逆質問モード

      相手の怒っている内容について「それは具体的にはどういうこと?」など、考えさせるような発言をすると、相手も冷静になります。

      理不尽なことを言ってきたときに有効

    • 3 脱力モード

      気の抜けたような発言をすることによって、相手の気勢をそぎます。間抜けな相手を目の前に、戦意を失うでしょう。

      さっさと終わらせたいときに有効

    • 4 沈黙モード

      聞き手があいづちをうったり、反応が的確なほどヒートアップすることも。聞き手があいづちを控えめにすると、相手の調子が狂いはじめます。

      相手が激昂しているときに有効

    • 5 ベタぼめモード

      どんな状況でもほめられるとうれしくなってしまうのが人間の心理。「認められたい」という欲求が満たされれば落ち着きます。

      すぐに関係を戻したいときに有効

人から好かれる 話し方・しぐさ 基本とコツ

磯部らん

西東社

Part4 会話術・雑談力の磨き方より

「話す」ことはコミュニケーションで最も重要な手段です。美しい話し方や会話の基本・コツ、立ち振る舞いにいたるまで、本書はイラストとマンガでやさしく解説していきます。これを機会に「もう一度会いたい!」と思われる話し方・しぐさを身につけてみませんか?

     width= 楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ