HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

朝一のメールチェックはNG?その理由とは

朝オフィスに到着したらまずはメールチェックを・・・、という方は多いですよね。仕事の連絡は基本的にメールで来る時代ですので、メールが気になるのは当然です。しかし、本当に朝一番の貴重な時間にすべきことなのでしょうか。仕事の効率があげる、本当に優先させる仕事の選び方をチェックしてみましょう。

堀正岳

  • 閲覧数:1,438 views

目次

  1. ○メールを朝一番に見てはいけない
     
    • メールを朝一番に見てはいけない

      朝、オフィスに到着したとき、あるいはもっとひどい場合には、目が覚めたときにスマートフォンを手にとってメールをチェックしていないでしょうか?
      メールはたいてい「お願い」という形で、あなたに反応を迫ります。つまり能動的に重要性を設定して行う仕事ではなく、リアクションとしての仕事が大半なのです。
      見てしまったら、リアクションを起こさざるを得ないことが多いでしょう。それを1日の最初の、最も集中力が高い貴重な時間帯に行うのはあまりにもったいないのです。
      あらゆる仕事の連絡がメールで来る時代ですので、メールが来ているかどうかがとても気になるのは当然です。しかし、メールをチェックする時間は意識的に制御しないといけません。
      ゆっくりメールチェックを宣言する
      ちょっとズルい考え方ではありますが、メールを見なければ、それはまだあなたにとっては「存在しない」も同然です。オフィスに着いて最初の1~2時間はメールチェックをしないようにしましょう。メールは、重要度の高い能動的な仕事をしてから、できる限りゆっくりチェックするようにしましょう。
      職場の雰囲気によってはこうした習慣は秘密にしてこっそり実践するのでもいいですが、周囲が許すようならば「自分は朝10時までメールは見ません」と宣言してもよいでしょう。
      さぼっているのではなく、ポリシーとして一貫性のある運用をしている限り、意外に周囲はそれに合わせてくれるものです。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

堀正岳

KADOKAWA

SECTION01 時間管理「時間は増やせる」より

人生の質は「知っているワザの数」で決まる一瞬で使える、一生使える「武器」をあなたに――。自分をすり減らすことなく、無理することなく、あなたの生産性は上げられる。本書では、仕事、日常生活において「効率を高め、快適にする工夫=ハック」の数々を1冊で網羅!人生・仕事を変えてくれるのは、こんなに「小さな習慣」だった。

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ