HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

ヨーグルトを食べるタイミングの注意点

腸内環境を整えるために毎朝欠かさずヨーグルトを食べる!という方も多いでしょう。しかし、本当に腸内環境を思うのであれば朝ヨーグルトを食べることはベストではないそうです。では、いつ食べると良いのでしょう。理学博士執筆の書籍からご紹介します。

山口勝利

  • 閲覧数:1,966 views

目次

  1. ○ヨーグルトを食べるのなら朝ではなく夜に食べる
     
    • ヨーグルトを食べるのなら朝ではなく夜に食べる

      かんたんに腸内環境を整える食材として注目されているのが、ヨーグルトです。
      しかし、ヨーグルトは、体を冷やす作用があるといわれてる牛乳が原料です。
      ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増えるのは事実ですが、食べすぎは注意が必要ですし、特に食べるタイミングには気をつけなくてはなりません。
      ヨーグルトは朝に食べる人が多いと思いますが、タイミングがよくありません。
      朝は1日のうちで一番体温が低い時間帯です。
      内臓が冷えているときに、ヨーグルトを食べてさらに冷やすことはありません。
      ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果は、昼に食べても、夜に食べても同じ。
      どうしても朝にヨーグルトを食べたいなら、ヨーグルトを食べたあとに体を温める食べ物や飲み物で、内臓を冷やさないようにしましょう。

死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい

山口勝利

アスコム

第1章 知らないうちに内臓を冷やす間違った生活習慣より

将来、重い病気にかかって、家族に迷惑かけたくないなら、自分が苦しみたくないなら、一生、元気に、趣味や仕事を楽しみたいなら、ウォーキングよりも、ジム通いよりも、食事制限よりも、何よりも先にやっておかなければならないことがあります。それは【内臓を温める】ことです。

     width= 楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ