HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

菌の繁殖を防ぐ抗菌加工のヒミツ

抗菌タオル、抗菌歯ブラシ・・・近年、ますます拡大を見せている抗菌グッズですが、そもそも抗菌とは何なのでしょう。身近だけどあまり知られていない抗菌加工について、解説します。

涌井良幸

  • 閲覧数:1,121 views

目次

  1. ○抗菌グッズ
     
    • 抗菌グッズ

      抗菌グッズが人気だ。サニタリー用品、衣類、文具など、身のまわりのほとんどを抗菌グッズでそろえられるほど品数は豊富だが、本当に菌の繁殖を抑える力があるのだろうか。
      抗菌に類する言葉に「殺菌」「滅菌」「除菌」がある。これらには菌を積極的に殺すという意味がある。一方、「抗菌」の意味は少し異なる。
      経済産業省の「抗菌加工製品ガイドライン」によると、「抗菌加工した当該とうがい製品の表面における細菌の増殖を抑制すること」を「抗菌」と定義している。したがって、「抗菌」と表示されていても、殺菌や滅菌の効果は期待できない。「菌が繁殖しにくい」という効果を期待した製品なのである。
      抗菌グッズは、抗菌作用のある物質を素材に練り込んだり、化学反応で結合させたりすることで製造されている。抗菌剤を用いる方法と金属を用いる方法が有名だ。抗菌剤は細菌の生命機能を乱したり破壊したりするもので、茶の成分のカテキンが有名である。
      金属を用いる方法では、銅や銀、チタンがよく利用される。細菌にこれらの金属を嫌う性質があるからだ。実際、10円玉から病気が感染したという話は聞かない。この性質を活かして、金属を直接に利用したり、その化合物やイオンを散りばめたりして抗菌作用を引き出すのである。

      抗菌剤で抗菌加工した繊維の例

       繊維の上に「バインダー」と呼ばれるコーティングを施し、それに抗菌剤を付着させる。

      抗菌剤で抗菌加工した繊維の例

      「銅」が細菌を除去する

       大腸菌の「O157」を培養させる実験をすると、銅片を置いたところだけ菌が増殖していないことがわかる。

      「銅」が細菌を除去する


      先述したように、抗菌とは「菌が繁殖しにくい」ことである。しかし、さまざまな消費者センターがテストし、いくつかの製品は眉唾物まゆつばものであるという結果が得られている。そこで、業界が自主的な基準を作り、その基準に合致した抗菌作用を持つものにマークを付与ふよしている。繊維ではSEKマーク、繊維以外ではSAIAAマークである。
      最近では、一部の抗菌剤が有害であるという話も出ている。抗菌ブームは「不潔恐怖症」と呼ばれる現代人のヒステリーの現れともいわれる。あまり神経質になって抗菌グッズで身を固めると、かえって体によくない結果を及ぼすかもしれないので注意したい。

      金属で抗菌加工した繊維の例

       繊維の中に酸化チタンを埋め込んで抗菌作用を持たせている。酸化チタンは光触媒作用で菌を殺す性質がある。

      金属で抗菌加工した繊維の例

      抗菌加工を証明する「抗菌マーク」

       抗菌マークは業界が自主的に調べ、効果のあるものにつけることが許されている。繊維製品には「SEK」、それ以外は「SIAA」マークをつける。

      抗菌マーク

身のまわりのすごい技術大百科

涌井良幸

KADOKAWA

第3章 生活用品のすごい技術より

身近にある「便利なモノ」には「便利さの理由」がある。しかし、私たちはそれをよく知らないままに日々生活しています。本書は、身近な家電から巷で話題のハイテク機器、よく使う文房具まで、日ごろよく使う「モノ」の“すごい技術”を図解でわかりやすく解説する一冊です!

     width= 楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ