HALLOM(ハロム)

更新

美肌効果のあるオクラを使ったレシピ

美肌に導くため、コスメコーナーには化粧水に美容液、リッチな濃厚クリームなどが数多く並んでいます。特に「潤い」を補うために化粧品類に多く含まれているのがヒアルロン酸ですが、実は野菜の中にもヒアルロン酸並みに保水力を持つものがあるそうです。野菜ソムリエ執筆の書籍から、艶肌をサポートしてくれる意外な野菜とそのオススメの食べ方をご紹介します。

中村慧子

  • 閲覧数:1,311 views

目次

  1. ○「オクラ」の保水力を借りる
  2. ○ヒアルロン酸なみの保水力をもつ野菜
  3. ○ねばねばオクラのレシピ
     
    • 「オクラ」の保水力を借りる

      誰もが憧れる美肌イメージは「潤いのある艶肌」ではないでしょうか?
      夏に1日中クーラーに当たっていてもカサカサしない、水分をたっぷり含んだしっとり肌。
      潤い美肌に導くために、化粧水に美容液、リッチな濃厚クリームなどコスメコーナーには数々の化粧品が並びます。なかでも「潤い」という点ではヒアルロン酸を使った化粧品が多く見られますよね。ヒアルロン酸には1gで6ℓの水を溜め込むことができるほどの保水力があるといわれています。
      実は野菜の中にもヒアルロン酸なみの保水力をもった野菜があります。それは、「オクラ」です。
    • ヒアルロン酸なみの保水力をもつ野菜

      私はよく夏にうぶ毛を取ったオクラを軽く塩ゆでしてから冷水で冷やし、みじん切りにして素麺つゆ、ゴマダレなどを加えてうどんと和えます。そのとき、オクラのネバネバが驚くほどつゆの水分をつかみ、本当に粘り気が強くなりすぎて、お皿からはがれにくいなんてこともしばしば。
      他にはお皿の底に野菜のエキスが余ってしまいがちなパスタをつくるときは、軽く下茹でし、みじん切りにしたオクラをのせてから混ぜ和えて食べることで、一皿に広がる様々な栄養をあますことなくいただきます。
      生のまま輪切りにして、鶏ガラだしやお味噌汁に加えると水溶き片栗粉を入れたときのようなとろみがつきます。
    • ねばねばオクラのレシピ

      オクラのショウガスープ

      材料(2人分)

      オクラ…6本

      鶏ガラだし(顆粒)…大さじ2

      水…4カップ

      醤油…大さじ1

      ショウガのすりおろし…小さじ1

      塩、コショウ…適量

      つくり方

      1 オクラは網でこすり洗いしてヒゲを取りのぞく。

      2 鍋に水を入れて沸騰させ、鶏ガラだし、輪切りにしたオクラ、醤油、ショウガのすりおろしを入れてひと煮立ちさせる。

      3 塩、コショウで軽く味をつけて出来上がり(お好みで鶏つみれ、茹でた素麺を加えても◎)。

      オクラとトマトの冷製カッペリーニ

      材料(2人分)

      オクラ…3本

      トマト…中1個

      カッペリーニ…1人分

      ツナ缶…1/2缶

      ガーリック…1/2片くらい

      オリーブオイル…大さじ1〜2

      レモン汁…少々

      塩、コショウ…適量

      つくり方

      1 下茹でしたオクラ、トマト、ガーリックを好きな大きさに切り、ツナ、オリーブオイル、塩(分量外)、レモン汁で和えておく。

      2 カッペリーニを茹で、茹で上がったら冷水で冷やす。

      3 1と2を和えて塩、コショウで味を調えて出来上がり。

美女と野菜 “ずるいほど"簡単でおいしい 綺麗な人の習慣

中村慧子

日本文芸社

スイーツより「野菜を食べたい」と感じるカラダに変わる!日本に約100人の「シニア野菜ソムリエ」が、野菜をおいしく食べて「綺麗を手に入れる方法」を紹介。リバウンドなしのダイエット&美肌が無理なく叶うメソッドです。

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ