HALLOM(ハロム)

更新

元宝塚がおすすめするメイクに一番時間をかけるべきパーツとは

なかなかリップケアに時間をかけるという方はいませんよね。けれど、唇の皮がむけていたり、カサカサになっている人は、なんとなくマイナスな印象になってしまいます!元タカラヅカのヘア&メイクアップアーティストの著書より、キレイになりたい女性のためのスキンケアのコツをご紹介します!

  • 閲覧数:676 views

目次

  1. ○うるうるの唇は言葉づかいを美しくする
     
    • うるうるの唇は言葉づかいを美しくする

      「メイクで一番時間をかけるパーツはどこですか?」

      この質問をすると、8割くらいの方が、ベースメイクかアイメイクと答えます。
      リップケアに時間をかけるという方は、まずいません。

       

      唇は、ヨーロッパではセックスシンボルとして、女性らしさの象徴とされています。さらに、口元は言葉よりも感情が表れるともいわれています。
      多くの女性を見てきて感じるのですが、口元への意識が高く、美しく整えている人は、言葉づかいも美しくやわらかな雰囲気を持っています。反対に、唇の皮がむけていたり、カサカサになっている人は、なんとなくマイナスな雰囲気をまとい、話すとネガティブなワードや愚痴などが出てくるものです。
      誰だって、愚痴を言いたくなることもあるでしょう。
      だけど、醜い言葉はあなたの品性を下げます。そうならないためにも、日頃からもっとリップケアに重点を置きましょう。

       

      ケアの基本は、一年を通してリップクリームを常備すること。できれば、ポーチやバッグ、洗面所、ベッドサイド、ドレッサーと、さまざまな場所に置いておいて、こまめに塗り直しましょう。唇の皮膚が敏感な人は、メントールの含まれない薬用リップクリームを使ってみてください。
      常にうるおいを補給し、唇を美しく整えると、美しい言葉が自然と身についてきます。さらに美しい言葉は、自然といい運気や縁を運んできてくれます。
自分の顔に恋をする

自分の顔に恋をする

CHIHARU

かんき出版

第1章もうすっぴんを隠さないより

世界でたった一人! 元タカラヅカのヘア&メイクアップアーティストが教える、キレイになりたい女性のための美容レッスン。 ●ふっくら肌をキープする洗顔のコツ ●マスカラの塗り方ひとつでまぶたをリフトアップする ●髪と肌をツヤめかせるブラッシング ●横顔美人がこっそりしているストレッチ ●メイク直し7つの神器 メイクも、肌も、ボディも、まるごとアップデートしたら、誰にも似てないあなただけの美が進化します。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ