HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

今すぐできる集中力を高める方法とは

集中力を高めるために誰でも簡単に今すぐできる方法をご紹介します。この方法はフロリダ州立大学の心理学者、マシュー・ゲイリオットの研究結果でも効果が出ており迷信ではないことがわかります。

伊庭正康

  • 閲覧数:2,239 views

目次

  1. ○「糖」をひとつぶ口に入れる
  2. ○「糖」は、集中力を高めるサプリ
  3. ○糖は〝ひとつぶ〟だけでもいい、空腹はNG
     
    • 「糖」をひとつぶ口に入れる

      ほんの少しの糖を体に入れると集中力が回復

      フロリダ州立大学の研究
      甘味料では自己コントロール力が回復しないが、糖なら回復する。
    • 「糖」は、集中力を高めるサプリ

      「ラムネ」を食べたら、集中力が回復する、こんな話を聞いたことがないでしょうか。
      これは、 「ラムネ」はブドウ糖でできており、その糖の作用によって集中力が回復する効果があるからです。低血糖な状態のままでは、やはり集中力は低下します。
      私は完全な糖質オフを行ったことがありましたが、夕方になると、何もする気がしなくなるくらいに思考力の低下を感じ、完全な糖質オフはやめました。
      集中力を高めたい時は、ほんの少しの糖を体に入れるだけで効果があります。
      もちろん、ラムネでなくても構いません。低血糖な食材でも効果はてきめん。
      私は、はちみつよりは低血糖なマヌカハニー(はちみつの一種)をほんの少し摂取しています(〝のどにもいい〟とうたわれているため)。
      フロリダ州立大学の心理学者、マシュー・ゲイリオットの次の研究を知れば、これらが迷信ではないことに確信が持てるでしょう。

      ・グループを2つに分ける。

      (「A : レモネード(加糖)を飲むグループ」 「B:レモネード(甘味料)を飲むグループ)

      ・すると、 「B:甘味料」のグループは、2回目の実験でのスコアが悪化。

      調べると、1回目の実験でエネルギーを消耗していたことが判明。エネルギーが消耗した理由は、血糖値が下がっていたこと。

      ・そこで、今度は血糖値を上げるべく、自己コントロール力が低下してしまった「B:甘味料」のグループに、加糖のレモネードを飲んでもらう。

      ・すると、自己コントロール力が回復。

    • 糖は〝ひとつぶ〟だけでもいい、空腹はNG

      さらに、先ほど紹介した「エネルギー予算」を提唱するサウスダコタ大学のX・T・ワンと心理学者のロバート・ドボルザークも同様の実験をしていました。
      「血糖値の絶対値ではなく、 血糖値が〝増えているのか〟 〝減っているのか〟 、変化の方向が、自己コントロール力に影響を与える」といった研究を発表したのです。
      つまり、糖をたくさん摂取する必要はなく、甘いものを〝ひとつぶ〟口にすれば、集中力が上がるというわけです。
      「空腹」を解消することでも、集中力アップの効果を見込めます。
      空腹時は、血糖値が下がっていますので、「ナッツ」を摂取するだけでも集中力は回復すると言われています。
      空腹のままがんばってしまう、カロリーゼロの飲料しか飲まない、ダイエット中なので甘いものはガマン、ということであれば、集中力を高めたい時は、戦略として「血糖値を少しだけ上昇させる」方法も加えておくといいでしょう。
      POINT
      ほんの 〝ひとつぶ〟 の甘いものを摂取するだけでも集中力は回復する。また、 空腹のままでは集中できない。
やる気ゼロからフローに入る 超・集中ハック

やる気ゼロからフローに入る 超・集中ハック

伊庭 正康

明日香出版社

【重版続々・発売1か月で1万部突破】 ついスマホ・ダラダラ残業・締め切りギリギリがなくなる! 科学的な根拠に基づいた、集中力を上げる47のハックを大公開!

    楽天ブックス オムニ7

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ