HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

スケジュールミスを防ぐ方法

スケジュールミスで代表的なものを挙げると納期遅延②遅刻 ③アポすっぽかし ④ダブルブッキング ⑤ドタキャンです。こうした行為は相手に迷惑をかけますし、信用を失う一因になるので、どれも避けたいものばかりです。これらのミスを防ぐ方法をご紹介します。

鈴木真理子

  • 閲覧数:1,774 views

目次

  1. ○その場ですぐにメモする
  2. ○「記憶」より「記録」で確実に予定をこなす
     
    • その場ですぐにメモする

      スケジュールミスで代表的なものを5つ挙げると、 ①納期遅延②遅刻 ③アポすっぽかし ④ダブルブッキング ⑤ドタキャンです。相手に迷惑をかけますし、信用を失う一因になるので、どれも避けたいものばかりです。これらのミスをなくすためには、「 記憶するより記録する!」をモットーにしてください。
      たとえ暗記力に自信があったとしても、人は忘れる生き物です。時間がたつにつれて記憶があいまいになったり、間違えて覚えていたりすることがあります。ですから必ず文字にして可視化することが大切です。
      誰かと約束を交わしたとき、その予定が変更になったりキャンセルになったりしたときは、 必ず「すぐに」「その場で」記録してください。
      記録するツールは、手帳のほか、デジタルのスケジューラーなど、自分にとって使い勝手がよいものを選び、いつも肌身離さず持ち歩きましょう。
      予定は1ヶ所にまとめることも大切です。ノートや付せんなどあちこちに書いてしまうと情報が分散し、転記する作業が必要になります。この転記を忘れがちです。
      そして、 1日に何度も予定を見返してください。とくに朝出社したときと帰る前はマストです。私はデスクにブックスタンドを置き、手帳を開いたまま仕事をしています。
      アラームやリマインダー機能などを活用してもよいでしょう。
    • 「記憶」より「記録」で確実に予定をこなす

      「記憶」より「記録」で確実に予定をこなす

オススメPR

関連記事

この記事に関するタグ