HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

「食べたい」=「噛みたい」!?食べることが止まらなくなる人の特徴

「一度袋菓子を開けると、最後までやめられない」と訴える方はよくいます。しかしこれは食欲が強いせいではないかもしれません。
食べることがやめられない人の特徴をします。

松尾 伊津香

  • 閲覧数:158 views

目次

  1. ○あなたの食べたいは「噛みたい」かもしれない
     
    • あなたの食べたいは「噛みたい」かもしれない

      「間食のスナック菓子とか、袋入りのお菓子とか、そういうものを一度開けてしまうと、なくなるまでやめられないんです。」
      たとえばこうした症状を食欲の強さと間違える方がいますが、実はそうではありません。
      この方々が食べるをやめられない理由。それは「一口目の噛む」がやめられないからです。
      カウンセリング中、こうした症状を訴えるお客様は、最終的に「ストレスがたまると固いものが食べたくなる!」と言う傾向が強くなります。ナッツやおせんべい、飴など、固いものがどうしても欲しくなるというのです。
      つまり、彼らが食べることをやめられなくなる1つの理由は、「固いものを噛む」に取り憑かれていることです。
      前歯で食べ物をかじったら、一口目は奥歯で噛むのですが、食べるがやめられない方はその一番最初のガリッと噛む快感を求めています。 固いものを噛んだときの強い刺激を快感として感じるので、永遠に食べることを続けたくなってしまいます。
      厄介なのが、一口目しかその快感を得られないこと。舌先で味わっていると、食べ物はどんどん柔らかくなっていき、いくら噛んでも快感として受け取れなくなります。やがて噛み方も食べ方も適当になり、さっさと胃に放り込むことになります。そして、まだ口の中に食べ物が残っているのに一口目の快感を求めて口の中にものを入れたくなるのです。
      こうなるともう満腹感など関係ありません。目の前にある自分に快感をくれるものがなくなるまで永遠に食べ続けます。
      この一口目の快感に取り憑かれている方は、「食べることがやめられない」と言いますが、そうではなく、「一口目の噛む」がやめられないのです。
      また、普通の食事は問題なく舌先で味わえるのに、間食になると止まらなくなる、という方は、この手の刺激に取り憑かれている可能性があります。
一生太らない魔法の食欲鎮静術

一生太らない魔法の食欲鎮静術

松尾 伊津香

クロスメディア・パブリッシング

第3章 味わい方を変えて「食べたい」を落ち着かせるより

我慢してもやせられなかったあなたへ―。「本当の味わい方」を知れば、きれいにやせる! 一度知ったらむしろ太れない「究極の食欲コントロール術」解禁! ! この本は、「無理なくやせて、一生太らない体をつくる」ための方法を書いた本です。ただし、食べたいものを我慢したり、つらい運動をしたりする必要はありません。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ