HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

酷使し続けてたのに褒められ髪が続く秘訣

艶があってつい触りたくなるきれいな髪は女性の永遠の憧れですよね。今回はそんな艶髪に憧れる女性必見!30年以上毎日ホットカーラーやストレートアイロン、コテなどを使い続けているのに、今なお髪の毛がきれいだと美容師さんから褒められる女性のケア方法をご紹介します。

日高 利美

  • 閲覧数:109 views

目次

  1. ○人の印象は髪で決まる
     
    • 人の印象は髪で決まる

      髪は、見た目だけでなく手触りも気にしていただきたいと思う部分です。艶と潤いがあり、つい触れたくなってしまうきれいな髪。それは永遠の憧れですよね。
      髪の毛は手をかければ必ずこたえてくれるので、ぜひ、丁寧にお手入れをしてみて下さい。
      参考までに私の髪のお手入れ法は、やはり定期的に美容院へ行くこと。1ヶ月に1回は髪のカットとトリートメントをしに行っています。美容師さんから毛先のカットをするときれいに伸びると言われて、もう10年以上続けています。
      そのおかげか、仕事柄、18歳の頃からホットカーラーやストレートアイロン、コテを毎日のように使っているのに、きれいな髪をしていると美容師さんからもお褒めの言葉をいただくことがあります。
      加えて、ここ数年は時間がある時には、半月に1回トリートメントをしてもらうようにしています。若い時はそれほど手を加えなくてもきれいな状態を保てるのですが、年齢を重ねるとお手入れの頻度が多くなってきます。
      髪の傷みが気になる方は1週間や2週間の集中トリートメント剤を試されてみるのもいいと思いますし、シャンプーで髪を洗った時に、いつも使うトリートメントを髪につけて、湯舟で半身浴をしている間に浸透させる時間をつくるだけでも、髪の潤いは変わってくるでしょう。
      ヘアセットの仕方を教えてくれるスクールを探してみてもいいですし、スクールに通えなくても雑誌の特集や本、DVDでアレンジの種類を探してみましょう。
      まずは、ホットカーラーやストレートアイロン、コテなどの道具を買い揃えて練習してみることをおすすめします。ヘアアレンジのレパートリーが増えればおしゃれをする楽しみも比例して増えるのではないでしょうか。

      大切に扱えば、それだけ髪は美しくなる。

      まずはていねいなホームケアを。

また会いたいと思われる人になる大人の教科書

また会いたいと思われる人になる大人の教科書

日高利美

クロスメディア・パブリッシング

第2章 身だしなみについてより

社会人になりたてで、「今のふるまいは大丈夫だったかな?」と思うことが多い人や、周囲からは立派な大人と思われていらっしゃる方でも、「実践できているかな?」と確認したい方におすすめです。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ