HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

失敗の可能性は自分でなくす♡考え方の変換術

「成功した時のメリット」と「失敗した時のダメージ」をくらべたとき、失敗を恐れる必要はないと感じたらすぐに動くというのが「すぐやる人」の鉄則です。
それが苦手な人はどうしたらよいのでしょう?
考え方や行動の変え方をご紹介します。

後藤英俊

  • 閲覧数:87 views

目次

  1. ○失敗するのではないかと思ってしまう
  2. ○失敗の可能性は、自分でなくせばいい
     
    • 失敗するのではないかと思ってしまう

      「成功したときのメリット」と「失敗したときのダメージ」をくらべたとき、失敗を恐れる必要はないと感じたらすぐに動く! それが「すぐやる人」の鉄則です。でも、すぐやれない人の場合は、「どんなにメリットがあるとしても、失敗する可能性があるなら、やりたくない」と考えてしまいがちです。
      失敗で受けるダメージがどれだけのものか、客観的に考えてみましょう。それが、何度でも挑戦できるくらいのダメージなら、思い切って挑戦しても損はしないはずです。
      当然、どう考えても失敗するような無謀な挑戦を続けて、失敗を繰り返してしまうのが上策だとはいえません。「ただすぐやるだけの人」になるよりも「すぐやって成功する人」を目指すべきです。そのためには考え方や行動の仕方を、変えなければいけません。
    • 失敗の可能性は、自分でなくせばいい

      心配し過ぎて行動ができないタイプの人は「どうせ○○は失敗する」と考えがち。そこを「このままでは○○は失敗するけれど、こうすれば成功する」と考え方を変えてみましょう。また、「○○は失敗しても、△△は成功する」というふうに、別の挑戦対象を探すのも手です。成功した回数が増えていけば、それはいつか最終目標への足がかりになるかもしれません。成功につながる行動を模索して、自分で成功率を高めましょう。

      すぐやる!

      自分の行動次第で、失敗の可能性は減らせる

先送りゼロの習慣術

すぐに行動できる人に変わる!先送りゼロの習慣術

後藤英俊

スマートゲート

全てより

◆一つでも当てはまったら要注意!・引っ込み思案でできない!・心配し過ぎてできない!・こだわり過ぎてできない!・めんどうだからできない!・流されやすくてできない!解決方法は本書でチェック!

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ