HALLOM(ハロム)

更新

職場になじめない人必見!コミュニケーションの取り方

何度か会ったことのある人が相手でもなかなか自分から話しかけられない引っ込み思案な方、いますよね。
そんな方の克服方法をご紹介します!

後藤英俊

  • 閲覧数:97 views

目次

  1. ○人に自分から話しかけられない
  2. ○定番の話題を準備しておく
     
    • 人に自分から話しかけられない

      誰でも、はじめて会う人に声をかけるときは緊張するものです。でも、たいていの場合2回3回と会ううちに自然と慣れていくはず。いつのまにか、どちらからともなく話しかけられるあいだ柄になるはずです。しかし、引っ込み思案な人の場合は、そう簡単にはいきません。でも、いつまでも相手から声をかけてもらうのを待つというのでは困ります。ではどのようにして克服すればいいのでしょうか。
      その答えはコミュニケーションの基本である「あいさつ」にあります。まずは毎日あいさつをすることからはじめましょう。大きな声であいさつをすると相手もあいさつを返してくれるはず。それを繰り返していけば、声をかけることへの抵抗感が薄れていきます。
    • 定番の話題を準備しておく

      「たとえ話しかけることができても、話題探しが苦手だから……」という人もいるかもしれませんね。そんな人は、無難な話題をセールスマンの基本として有名な「きどにたてかけし衣食住」という語呂合わせで覚えておきましょう。
      これは、季節、道楽(趣味)、ニュース、旅(旅行)、天気(またはテレビ)、家族、健康、仕事(または社会)の各頭文字とファッション、グルメ、地域をあらわしたもの。誰でも話しやすい、無難な話題をまとめたものです。反対に話題にするべきでないのは、野球、宗教、政治の3つ。人によって主義主張が対立しかねないためです。
先送りゼロの習慣術

すぐに行動できる人に変わる!先送りゼロの習慣術

後藤英俊

スマートゲート

全てより

◆一つでも当てはまったら要注意!・引っ込み思案でできない!・心配し過ぎてできない!・こだわり過ぎてできない!・めんどうだからできない!・流されやすくてできない!解決方法は本書でチェック!

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ