HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

七五三の時期とお祝いの方法(賀御髪置、御袴着祝、賀御帯解)

男の子は数え年で3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、これまでの成長を感謝して、親子で参詣する行事です。七五三の時期やお祝いの方法(賀御髪置、御袴着祝、賀御帯解)をご紹介します。

日常生活向上研究会

  • 閲覧数:20 views

目次

  1. 七五三の時期とお祝いの方法(賀御髪置、御袴着祝、賀御帯解)
     
    • 七五三の時期とお祝いの方法(賀御髪置、御袴着祝、賀御帯解)

      男の子は数え年で3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、これまでの成長を感謝して、親子で参詣する行事です。お祝いは本来は数え年で行いますが、最近では満年齢ですることも多いようです。
      昔の貴族や武家社会では、3歳でまげを結う「髪置き」、男の子は5歳で初めて袴をつける「袴着」、女の子は7歳で本式の帯をつけて着物を着る「帯解き」の儀式がありました。一般庶民でも同様の儀式があり、現在のように「七五三」として祝うようになったのは、大正時代からのことです。
      お祝い品は、当日使う装飾品なら、両親に前もって希望を聞いておきましょう。おもちゃや絵本、ケーキなど、気軽な贈り物も喜ばれます。
      お祝いのお礼には、千歳飴や赤飯を持って子供と一緒にうかがいますが、遠方なら礼状と当日の写真を送るのもよいでしょう。

      賀御髪置、御袴着祝、賀御帯解

      ●水引とのし
      「七五三」の水引は、白赤で「結び切り」または「蝶結び」にし、のしをつけます。表書きは、3歳「賀御髪置」、5歳「御袴着祝」、7歳「賀御帯解」あるいは「祝七五三」とします。贈る時期は、10月半ば過ぎから11月15日まで。
最低限日本人として知っておきたい 常識力

最低限日本人として知っておきたい 常識力

日常生活向上研究会

スマートゲート

最低限日本人として知っておきたい 常識力より

日本人として知らないと恥ずかしい!! 冠婚葬祭など人生で必ず直面する場面での表書きマナー!! 結婚式やお葬式など、日本にはさまざま金品の贈答をする習慣があります。 相手に深く気持ちを伝えるには相応の心配りが必要です。 その際にしっかり身につけておきたいのが表書きのマナー。 表書き・慶弔のマナーの基本から、具体的なデータ、 字に自信のない人でも、美しい表書きが書けるお手本も収録。 この一冊で、どんなお付き合いの場面にも対応できます!!

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ