HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

快眠に最適!リラックス効果がある色とは

あなたの寝室は、何色ですか? 鮮やかな色や、たくさんの色が交ざって統一感がない。そんな部屋が、快眠を遠ざけている原因かもしれません。
寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』の監訳者であり、1万人の眠りを変えた快眠セラピストの著書から、快適に眠れる寝室の配色についてご紹介します!

  • 閲覧数:138 views

目次

  1. ○リラックスカラーはベージュとパステル
     
    • リラックスカラーはベージュとパステル

      あなたの寝室は、何色ですか? 鮮やかな色や、たくさんの色が交ざって統一感がない。そんな部屋が、快眠を遠ざけている原因かもしれません。
      人間の体が色や光に対してどのような反応を示すか、筋肉の緊張度(ライトトーナス値)を計測した実験があります。
      最もリラックスした色は、ベージュとパステルカラー。やわらかい印象のものでした。鮮やかな青や緑にもリラックス効果がありましたが、寝室には、よりリラックス効果が高い淡い色をメインで使いましょう。
      逆に脳を興奮させる、鮮やかな赤や黄色、オレンジは寝室には向いていません。大きい面積を占め、目に入る印象が強いと、眠れなくなる可能性があります。

      リラックスする色、緊張する色

      寝室をコーディネートするときには、全体を「ベースカラー」「サブカラー」「アクセントカラー」の3つに分けて考えましょう。
      ベースカラーは、床や壁、天井などの背景となる色です。サブカラーは、かけ布団カバーや、カーテンなど、構造物以外で大きな面積を占める色。ベースカラーとの調和を考えながら、リラックス効果の高い色を選ぶといいでしょう。
      変化をつけるアクセントカラーを、クッションやライト、かけ布団カバーやカーテンの柄に入れると個性が生まれます。色数を3色以内に絞ると、調和をとりやすくなります

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

三橋美穂

かんき出版

第3章 気持ちよく眠れる環境を作るコツより

みんなが待ってた、睡眠大全!「普段なかなか寝ない子どもがスヤスヤ眠った! 」と各所で話題、寝かしつけ絵本の決定版『おやすみ、ロジャー』(飛鳥新社)の監訳者が手がけました。キャリア20年、1万人の眠りを変えた快眠セラピストがあなたの悩みを解決します。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ