HALLOM(ハロム)

更新

美容家『山本 未奈子』がおすすめする美肌のポイントとは

ターンオーバーとは肌代謝のことで、年齢とともに衰えるもの。そのターンオーバーを促進させる成分や方法、細胞を老化させる原因と対処法など、NYの美容学校で教鞭を執る美容家・山本未奈子さんの著書からご紹介します♡

山本未奈子

  • 閲覧数:847 views

目次

  1. ○ターンオーバーを促進させる
  2. ○抗酸化物質で老化を食い止める
     
    • ターンオーバーを促進させる

      「ターンオーバー」とは肌代謝のことです。代謝がよければ新しい肌細胞がどんどん作られ、約28日間で古い肌細胞は垢となって剝がれ落ちます。しかし、年齢を重ねるうちに代謝は悪くなり、剥がれ落ちるはずの垢がいつまでも肌に残ってしまい、くすみやゴワつき、シミの原因となっていきます。
      スキンケアで、肌代謝を促進させるにはエクスフォリエーションが効果的です。ケミカルピーリングのような強いエクスフォリエーションや、日々のスキンケアでターンオーバーを促す成分を取り入れるマイルドなエクスフォリエーションがありますが、ここでは後者のターンオーバーを促進させる成分についてお話します。
      ターンオーバーを促す代表的な成分は、AHA(フルーツ酸)です。酸が古い肌細胞を除去することで、肌代謝が活発になり、くすみは解消、その後に使う化粧品の浸透率も格段によくなります。たくさん種類があるフルーツ酸の中でも、日本人の肌に一番合うのは、もっとも分子が小さく浸透も速いグリコール酸だといわれています。
      グリコール酸は皮膚科などで行われるケミカルピーリング(エクスフォリエーションの代表格)によく用いられますが、この場合は濃度が20%~40%と高めです。普段のスキンケアに導入するなら1~5%(毎日であれば1%程度)が入った化粧品でお手入れしてください。
      そして、スキンケア以外でできることは、運動です。肌細胞に酸素や栄養を運ぶ血液の循環は、スキンケアでは改善できません。運動で血液の循環をよくしましょう。
      美肌POINT

      肌細胞は約28日で生まれ変わるが、年を重ねるごとに代謝(ターンオーバー)は少しずつ悪くなる。

      ターンオーバーの促進にはエクスフォリエーション。特にグリコール酸を1~5%(毎日であれば1%程度)配合した化粧品を日々のスキンケアに取り入れることが大事!


    • 抗酸化物質で老化を食い止める

      今までお話したように、保湿で肌の水分状態をキープして、肌のターンオーバーをエクスフォリエーションで促して、これで完璧!と思われるかもしれませんが細胞自体が元気でなければ……保湿もターンオーバーも効果は半減してしまいます。
      細胞を老化させる最大の要因は、肌細胞の酸化(サビ)です。酸化といわれてもピンとこない方、10円玉をずっと放っておくと、黒くなりますよね。あれが酸化です。この黒ずみと同じように、体もある影響を受けることで活性酸素という物質が生まれ、肌が酸化してしまいます。
      この酸化を引き起こす原因は何でしょうか。
      紫外線、ストレス、喫煙、食生活の乱れ、運動不足、ホルモンの影響。これらは努力次第で防げることが多いものです。紫外線対策、規則正しい食生活、運動……いろいろありますが、ここではスキンケアでできることをお教えします。
      体内でこの酸化を防いでくれるのが、抗酸化物質です。この物質は、化粧品やサプリメント、食べ物から取り入れることが可能です。抗酸化物質を効率よく体内に取り込むことができれば、老化を最大限に食い止めることができるといっても過言ではないでしょう。
      抗酸化物質の中で、スキンケアの成分として現在、一番強力で安定しているといわれているのが「フラーレン」です(ノーベル化学賞が授与されたほどの素晴らしい発見です)。その他にも、ビタミンC誘導体やポリフェノール(緑茶エキスなど)があります。
      また、サプリメントでも抗酸化物質を補えます。ポリフェノールやビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンなどです。食べ物ですと、ザクロやアサイー、緑茶(ニューヨークではこの理由から緑茶を含む食品が流行っています)、赤ワイン(レスベラトロール)などが抗酸化物質を含む代表的なものですので、効率よく取り入れましょう。

      美肌POINT
      肌の酸化(サビ)=肌の老化=シワ、くすみ、たるみ。
      ・これを防ぐには抗酸化物質を取り込むことが必要。
      ・スキンケアでは、フラーレンを配合した化粧品を使用することが有効。
      ・サプリメントでは、ポリフェノール、ビタミンC&E、アスタキサンチン。
      ・食べ物では、ザクロやアサイー、緑茶、赤ワイン(レスベラトロール)など。

    • 山本 未奈子

      美容家
      NY州認定ビューティーセラピスト/英国ITEC認定国際ビューティースペシャリスト
      NYの美容学校で非常勤講師を務めた後に帰国、MNC New York株式会社を設立。現在は化粧品事業、ヘアアクセサリー事業、スパ事業など「全女性が美を通じて充実した日々を送れるよう支援する」ことをモットーに多方面で活躍。近著「なんでやせないんだろう?35歳からの「もう太らない自分」の作り方」好評発売中。

本当に知りたかった美肌の教科書

本当に知りたかった美肌の教科書

山本未奈子

講談社

1章 美肌へのメカニズムより

「夜はW洗顔をしている」「化粧品は人気ランキングで選ぶ」「ローラー式美顔器を愛用」 「コラーゲンで美肌」・・・という人は一生美肌は手に入りません!美容に使ったお金と時間=美肌、ではないのです。クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリーム・・・・・・ 化粧品を選ぶポイント、ニキビや吹き出物、美白、たるみ・・・・・・ 個々の肌トラブルへの正しい対処法を教えます!

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ