HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

ミニマリストが教える!模様替えのタイミングと最適な配置場所

リビングの模様替えについてのアンケートでは、年に1度するかしないか、という人が全体の75%という結果が出ています。
「片付けが苦手だから、模様替えにまで手がまわらない」という方も多いと思いますが、シーズンごとに配置を変えると更に過ごしやすいリビングになるかもしれません。
《トヨタ式》で生活のカイゼンをサポートする空間の整理の専門家・ライフオーガナイザーの著書からご紹介します!

香村薫

  • 閲覧数:198 views

目次

  1. ◯3か月に1度はリビングを模様替えする
     
    • 3か月に1度はリビングを模様替えする

      皆さんは、どれくらいの頻度でリビングの模様替えをしていますか?
      あるアンケートでは、年に1度するかしないか、という人が全体の75%という結果が出ています。私のお客様のほとんどが、例にもれずこの75%に入っています。
      「片づけが苦手だから、模様替えにまで手が回らない」というご意見も多くいただきます。
      私自身は、年に4回行っています。
      春は、外の景色を眺められるようにソファを配置。
      夏は、風通しが良くなり、エアコンの効率がアップするように配置。
      秋は、来客が増えるので、ダイニングがリビングのメインになるように配置。
      冬は、床暖房を最大限生かせるように配置。
      というように、季節に合わせて過ごしやすくなるように家具の配置を「カイゼン」していくというわけです。
      そんなこととてもムリ……という方は、まずダイニングテーブルをくるっと90度回すところから始めてみてください。
      ふだんと視点が変わると、それだけで部屋にいることが楽しくなるだけでなく、テーブルの脚の下に隠れていた探しモノが見つかったりと、一石二鳥です。

トヨタ式おうち片づけ

香村薫

実務教育出版

PART 6 「カイゼン」でリバウンドゼロをキープするより

厚生労働省によると、働く女性は2013年時点で2804万人。そのうち96%が仕事と家事の両立で悩んでいます。そこで、トヨタグループの世界1No.1カーナビ企業「アイシンAW」で大活躍した著者が「やりすぎミニマリスト」時代の失敗経験を研究して身につけた、モノがリバウンドせずに家事を二時間時短でき、心まで豊かになれる「トヨタ式お片づけメソッド」を初公開します。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ