HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

プロが教えるクローゼットの収納を上手にする6つのコツ

クローゼットの洋服があふれていると、おしゃれをする気力も奪われてしまいますよね。ついついパンパンにしてしまうクローゼットをスッキリさせて、おしゃれを楽しむコツをご紹介します。

大木聖美

  • 閲覧数:1,401 views

目次

  1. ○洋服は季節ごとに見直し処分してから新しいものを買う
     
    • 洋服は季節ごとに見直し処分してから新しいものを買う

      クローゼットの洋服があふれていると、おしゃれをする気力も奪われます。だから、大木さんは、どの場所よりも「処分してから買う」を心がけています。
      「季節の始まりと終わりに2回、必ずチェックし、くたびれている洋服、流行が終わった洋服は処分。そして、季節の始まりなら流行もの、季節の終わりならバーゲンで翌シーズンも着られそうなものを、処分した枚数以内で購入を検討します」

      Column
      ハンガーにこだわれば収納ストレスが減る!
      洋服をきれいに吊るしても、落下&型崩れするとストレスになります。「洋服が落ちにくい、型崩れしにくいハンガーに変えるだけで、収納ストレスが減りました」。ハンガーにこだわれば収納ストレスが減る

      クローゼット

      ①アクセサリーは無印良品のアクリルケースに入れて

      透明なアクリルケースは、何が入っているかわかるので便利。中の仕切りを組み合わせて使うと細かいものも迷子になりません。

      アクセサリーは無印良品のアクリルケースに入れて

      ②③洋服は倒れないように立てて収納

      洋服は取り出しやすいように立てて収納。倒れないように、引き出しの中に仕切りケースを使ったり、仕切り板を入れます。

      洋服は倒れないように立てて収納洋服は倒れないように立てて収納

      ④無印良品の引き出し+IKEAの仕切り

      ユニットシェルフに帆布の引き出しをプラス。その内側に、IKEAの仕切りがピッタリ合いました。仕切りのおかげで見やすく。

      無印良品の引き出し+IKEAの仕切り

      ⑤バッグは無印良品の仕切りで倒れない

      下段のバッグのスペースは、仕切りスタンドと仕切り板を組み合わせて立てて収納します。倒れにくく、取り出しやすくなりました。

      バッグは無印良品の仕切りで倒れない

      ⑥いつもバッグに入れる財布などは必ずここに戻す

      バッグに入れる財布や手帳などは、帰宅したらここに戻します。翌日違うバッグにしても、中身をそのまま入れれば忘れ物はしません。

      いつもバッグに入れる財布などは必ずここに戻す


      Column
      半透明の引き出しの目隠しアイデア
      中のものが見えないように目隠しをすると、よりスッキリ。100円ショップで発泡スチロールの薄い板を購入し、引き出しの手前に入るサイズにカットしました。

      半透明の引き出しの目隠しアイデア

スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク

大木聖美村上直子新倉暁子村上直子伊藤美佳代小宮真理

オーバーラップ

Chapter1 「ものダイエット」でものを増やさずにスッキリをキープする より

個人宅のお片づけサービス、自宅セミナー、整理収納の講座などで活躍している収納アドバイザー、ライフオーガナイザー5名の自宅を大公開! スッキリ暮らすためのプロならではのテク、キッチン・リビング・洗面所など場所別の具体的な収納法を紹介します。

    楽天ブックス オムニ7


関連記事

この記事に関するタグ