HALLOM(ハロム)

更新

「ケトン体」が脂肪を減らすカギ!その理由とは?

エネルギー源をブドウ糖だけに頼っている場合、血液中や肝臓にため込まれたブドウ糖を使い切ってしまうと、たちまち燃料切れになってしまいます。すると無性に何か食べたくなったり、体がだるくなったり、集中力が低下するといった症状におそわれます。そこで注目されているのが「ケトン体」です。「ケトン体」が脂肪を減らす理由をご紹介します。

北島達也

  • 閲覧数:98 views

目次

  1. 「ケトン体」が脂肪を減らすカギ
  2. 肉を食べてもやせられます! 
  3. 炭水化物の少ないおすすめ食材
     
    • 「ケトン体」が脂肪を減らすカギ

       エネルギー源をブドウ糖だけに頼っている場合、血液中や肝臓にため込まれたブドウ糖を使い切ってしまうと、たちまち燃料切れになってしまいます。すると無性に何か食べたくなったり、体がだるくなったり、集中力が低下するといった症状におそわれます。これらは血糖値が下がりすぎたことが原因です。もしあなたがマラソンをしていたならば、たちまち「ガス欠」で足が止まってしまうはず。こう考えると、普段の私たちの生活が、いかに血糖値に振り回されているかがわかります。
      一方、ケトン体をエネルギー源とすれば、血糖値は乱高下することなく安定します。よって食欲に振り回されたり、集中力が低下したりすることもありません。加えてケトン体は脂肪細胞からも分解されてつくられるため、自然と体脂肪が減少します。もちろん二の腕やせにも効果的です。
      また、ケトン体はエネルギー効率がいいため、長時間走っても燃料不足になるようなことはありません。普段からケトジェニックを実践するある部族は、足場の悪い山道をサンダルで1日200㎞以上移動できるそうです。
      超一流アスリートの中にも、「ケトジェニックを実践してから体が引き締まり、動きが格段によくなった」という人が年々増えています。あるスポーツ番組では、サッカー日本代表の長友佑都選手が「ケトン体回路にしたい」と発言したことが話題になりました。スポーツの現場でも、パフォーマンス向上を目的にケトジェニックが注目を集めています。

    • ケトン体
      長時間でも疲れない

      ブドウ糖
      途中で枯渇
    • 肉を食べてもやせられます!

       現在は普通の食事をしているあなたも、糖質を制限するだけで、すぐに「ケトン体回路」のスイッチを入れることができます。
       まず「肉」と「魚」は積極的にとってください。低脂肪ダイエットではご法度の焼き肉もOK! カルビ、豚トロ、牛タンなど何でも食べられます。牛肉、豚肉、鶏肉をまんべんなく食べるとビタミンB群がバランスよく取れ、栄養素の吸収率が高まります。ただ、たまねぎがたっぷり入ったステーキソースやタレなどは、糖質がかなり含まれていますので注意してください。
       また肉だけでなく魚もメニューに取り入れれば、コレステロール値がさらに上がり元気になります。これについては後述しますが、コレステロールは神経伝達やホルモンの生成に重要な役割を果たしているため、集中力が必要とされるワークアウト中は欠かせない物質です。一般的には悪者とされていますが、それは間違った常識ですので、効果を出すために積極的に摂取しましょう。また、動物タンパク質とコレステロールがバランス良く含まれている貝類も、筋肉の発達を助けてくれます。
    • 「炭水化物の少ないおすすめ食材

      牛肉、豚肉、鶏肉なんでもOK。焼き鳥はタレよりも塩を選んで。

      肉


      魚、貝類

      刺身、焼き魚、カルパッチョ、アヒージョなど。ツナも安心して食べられます。

      魚、貝類


      葉物野菜、きのこ

      レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、春菊、水菜など。きのこは便秘解消にも一役。

      葉物野菜


      アボカド

      果物の中で最も低糖質。ビタミンやミネラルが豊富で、美容や健康効果も絶大。

      アボカド


      くるみ

      低糖質で、中性脂肪などを減らすオメガ3脂肪酸を多く含む優秀食材。

      くるみ


      低糖質かつ栄養価が高い完全栄養食品。さまざまな調理法を楽しんで。

      卵


      大豆製品

      豆腐、油揚げ、納豆、豆乳、おからなどが低糖質。

      大豆製品


      ココナッツオイル

      ケトン体の原料となる中鎖脂肪酸が豊富なので、積極的に取り入れましょう。

      ココナッツオイル


      マヨネーズ、塩、しょうゆ、酢

      マヨネーズは低脂肪タイプではなくレギュラータイプを選ぶこと。

      マヨネーズ


      バター、チーズ、生クリーム

      生クリームはかならず無糖のものを使用します。

      バター


      コーヒー、水、お茶、糖質ゼロのお酒

      ケトジェニック中は糖質が含まれていない飲み物を選びましょう。

      コーヒー

二の腕ワークアウト

出せる! 魅せる! 二の腕ワークアウト

北島達也

講談社

2章 ケトジェニックダイエットより

二の腕の徹底的な引き締めだけに特化した一冊! 二の腕ってじつは・もっとも効果が出やすい ・「姿勢を変えるだけ」でも見違える ・1日5分、週2~3回のワークアウトでOK(やりすぎはNG)!なのです。著者は完全個別指導のパーソナルトレーニングジムで、「週1回たった30分」という驚異のワークアウト法が話題の北島達也氏。「ノースリーブなんて、もう二度と着られない」と思っている人は必見です

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ