HALLOM(ハロム)

更新

【柔道整復師執筆】身体に負担をかけない正しい座り方

あなたは一日どれくらいスマホやパソコンを見ていますか?現代人は、これらの時間がかなり長時間に及ぶ人が多いのではないでしょうか。これにより、肩よりも前に頭が出てしまい、体に余計な負担をかけてしまい、不調を引き起こしているそうです。これらの弊害を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。柔道整復師の沢田大作さんの著書から、座り方のポイントをご紹介します。

沢田大作

  • 閲覧数:96 views

目次

  1. ○PCとスマホが大病を招く!?座り方ひとつで防止する方法
     
    • PCとスマホが大病を招く!?座り方ひとつで防止する方法

       

      1 イスの座面に深く腰かけて

      2 胸を張る

      3 真横から見たときに背骨がS字になっているかチェック!

      長時間のスマホやパソコンが当たり前になっている日常で、肩よりも頭が前に出た状態になっていませんか?この状態を「ストレートネック」と呼びます。この姿勢はとても身体に負担をかけるのです。日本人はもともと骨盤が後傾しやすいので、注意が必要!
      お尻を座面に深くかけて、胸を張り、身体の真横から見たときに背骨がS字カーブを描くようにするのが、正しい座り方です。

      PCスマホ

人生が変わる、読むやせぐせ

沢田大作

主婦の友社

第1章 満身創痍を解消するより

暇さえあれば、指で押すだけ!小顔になっちゃうツボってドコ!?ハイボールとウーロンハイ、どっちがやせる?カラダを知り尽くしたゴッドハンドが実証!!知っているだけで自然と意識し、不調をスッキリとってやせる術。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ