HALLOM(ハロム)

更新

上司や先輩を不快にさせない反論方法【心理カウンセラー監修】

上司や先輩の言っていることが違っていると思ったとき、あからさまに反論すると衝突は避けられません。しかし、意見を伝えることは決して悪いことではありません。相手を不快にさせず、上手に自分の意見を主張する方法をご覧ください。

小倉広(監修)

  • 閲覧数:2,059 views

目次

  1. ○クッション言葉を使う
     
    • クッション言葉を使う

      上司や先輩の言っていることが違っていると思ったとき、あからさまに反論すると衝突は避けられません。そうした状況を回避するには「クッション言葉」を使う必要があります。
      クッション言葉とは、「もしかしたら~」のようにひと言付け加えることで会話の調子を和らげる言葉です。
      他に「〜といった考え方があります」や「勝手言ってすみませんが」などもこのクッション言葉。上手に使うことで人間関係が円滑になります。
      クッション言葉で人間関係を円滑にする

      クッション言葉で人間関係を円滑にする

職場で伝える「伝達力」

監修:小倉広

神宮館

Part2 上司・先輩への「伝達力」の鍛え方より

コミュニケーションの悩みやトラブルは人間関係の悪化やストレスを招きます。上司・同僚・部下への伝え方がよくわかり、人間関係が驚くほど改善される56のテクニックを紹介!

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ