HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

二日酔いを改善する方法【医師監修】

お酒の飲みすぎで起こる二日酔いを和らげるには水分をたっぷりとることが大切ですが、アルコールを分解する肝臓をいたわる栄養を摂取することも重要です。つらい二日酔いに効く、肝臓をいたわる栄養にはどのようなものがあるのでしょうか。医師監修の最新栄養事典から、二日酔いの改善ポイントと、とりたい食材をご紹介します。

田中明(女子栄養大学教授 医学博士)、蒲池桂子(女子栄養大学栄養クリニック教授 管理栄養士)

  • 閲覧数:1,474 views

目次

  1. ○アルコールを代謝する肝臓のサポートを
  2. ○改善ポイント
  3. ○とりたい食材
     
    • アルコールを代謝する肝臓のサポートを

      お酒の飲みすぎで起こる二日酔い。体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、水と二酸化炭素になって排出されますが、量が多いと処理が追いつかず、吐き気や頭痛などが起こります。
      この二日酔いをやわらげるには、アセトアルデヒドを外に出すためのケアをすること。水をたっぷり飲むことは血液中のアセトアルデヒドを薄めることにつながります。さらに肝臓をいたわる栄養成分も一緒にとるのがおすすめです。
    • 改善ポイント

      ①水をたくさん飲む

       アルコールは利尿作用があるので、水をたっぷりとり、アルコールを体外に排出しましょう。

      ②肝臓の機能をサポートする成分が強い味方に

       クルクミン、タウリンを積極的にとり、肝臓がアルコールを代謝するのを助けましょう。

      ③アルコール分解を助けるセサミンを

       セサミンはごまやごま油に豊富に含まれています。最近ではサプリメントも人気です。

      ④日ごろからタンパク質をとる

       肝臓の機能を高めるためにも、肉や魚をしっかりとっておくことが重要です。

    • とりたい食材

      タウリンやセサミン、クルクミンを含む食材を活用

      シジミ

       肝臓の働きを助けるタウリンがたっぷり。よくいわれる「飲んだ次の日にはシジミのお味噌汁」は理に適ったチョイス。

      ウコン茶

       ウコンは、肝臓の特効薬ともいえるクルクミンを含んでいます。ウコン茶は、二日酔いの水分補給に最適な飲み物です。

      ごま

       アルコールの排出を促すセサミンを含みます。お酒のおつまみに、ごま和えやごまを使った料理を選ぶのも賢い選択。

あたらしい栄養事典

(監修)田中明蒲池桂子

日本文芸社

栄養素や食品、食事と健康について、わかりやすくまとめました。文部科学省から発表された2015年版の日本食品標準成分表(七訂)は、収載食品が増えたり、炭化物成分表ができるなど、大幅な改訂となりました。本書はこの七訂の成分表に完全準拠。これから栄養のことを学びたい人に、今よりもっと知りたい人に、手元に置いていただきたい一冊です。

     width= 楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ