HALLOM(ハロム)

更新

フランクな職場でも心得ておくべき上司との付き合い方

"最近は上司を「○○さん」と呼ぶ会社が増えたり、上司の命令には絶対服従、といった部分もなくなりつつあります。しかし、そんな雰囲気の職場であっても礼儀や節度はわきまえなければなりません。
上司との関係で意識しておきたいポイントをご紹介します。"

  • 閲覧数:482 views

目次

  1. ○上司との関係の常識
     
  1. 上司との関係の常識

    ■ あくまで「けじめ」は必要だ
    最近は上司を役職名で呼ばず、「○○さん」と呼ぶ会社が増えたり、上司の命令には絶対服従、といった部分もなくなりつつあるようだ。しかし、あくまで上司であり、仕事のうえでの先輩であるといった敬意まで忘れてはいけない。礼儀や節度をわきまえた言動が必要だということだ。だから上司からの指示に対しては謙虚に従う、あるいは対応する姿勢が大切となる。
    指示の内容をしっかり聞いて、必要ならばメモを取る(上司に呼ばれたら、必ずメモを持って行こう)。さらに用件を復唱、「それでよし」との確認を得る。
    その際、上司の指示に明らかな間違いがあったり、意見を求められるようなことがあれば、節度を持って自分の考えを述べる。上司のミスを厳しく指摘し、偉そうにペラペラまくし立てたのでは、嫌われても当然だ。

    ■ 仕事上のトラブルが発生した場合
    仕事上で大切なことは、細かな連絡や報告を怠らないこと。疑問点、不審点はどんどん相談しよう。また、指示を受け担当していた仕事でトラブルが発生したり、約束の期日に間に合いそうもない、などの問題が起こったら、すぐに上司に報告、指示を仰ぐようにする。その際、もし原因が自分にあるなら「申し訳ありませんでした」とお詫びし、叱責は素直に受ける。自分のせいで多大な迷惑をかけることになるかもしれないのだ。また、そういった報告はできるだけ早めにすることが肝心。「もう一日早く言ってくれたら、手の打ちようもあったのに」などということもあるのだ。

    ■ オフタイムでのつきあい
    「帰りに一杯どうだ」と誘われたら、無理のない範囲で応じよう。上司は職場の先輩、礼儀を守って接することで、いろいろとためになる話を聞けるいいチャンスでもある。こびへつらう必要はないが、せっかくのお誘いを利用しないテはない。
アナタの常識力を10倍にする本

あなたの常識力を10倍にする本

平成常識力委員会

スマートゲート

全てより

知らないと赤っ恥!あなたの常識力は大丈夫?現代人に必須の常識の教科書!分かっているようで分かっていない常識。どんな人でも見る見るうちに常識力が 身につく。今時のワンランク上の常識力を身につけたい方に!

    楽天ブックス

関連記事

この記事に関するタグ