HALLOM(ハロム)

更新

高カカオチョコレート+αで便通改善&ダイエット

高カカオチョコレートに含まれるカカオプロテインは便秘解消効果が抜群。腸に優しい食材と組み合わせれば相乗効果が期待できる上、苦めのチョコレートも食べやすくなります。高カカオチョコレートにプラスして食べたい食材を3つご紹介します。

栗原毅

  • 閲覧数:169 views

目次

  1. ○豆乳
  2. ○プルーン
  3. ○納豆
     
    • 脂肪燃焼&腸の運動を活発にする
      豆乳

      大豆に含まれるサポニンは体脂肪の燃焼を促進し肥満や脂肪肝、脂質異常症を防ぎます。腸の運動を活発にし、お通じ改善にも効果大

      豆乳

       ●材料

        豆乳

        高カカオチョコレート

       ●飲み方

        温めた豆乳に刻んだチョコレートを振りかけると、ゆっくり溶けてココアのようになります。豆乳のあま味とチョコのほろ苦さが相性抜群

    • 食物繊維たっぷり
      プルーン

      プルーンは食べ物の水分を抱え込んで便を軟らかくする水溶性食物繊維と、便の量を増やす非水溶性食物繊維のどちらも豊富に含みます

      プルーン

       ●材料

        プルーン

        高カカオチョコレート

       ●食べ方

        プルーンの上にチョコレートをのせて食べれば、高カカオチョコレートの苦味が抑えられ食べやすくなります。食感も意外にマッチ

    • 腸内善玉菌を増やす
      納豆

      腸内の善玉菌が減ると腸の働きが鈍って便秘になりやすくなりますが、納豆に含まれるオリゴ糖は善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えてくれます

      納豆

       ●材料

        納豆

        高カカオチョコレート

       ●食べ方

        納豆に刻んだチョコレートをまぶし、好みで付属のタレを入れて混ぜてください。納豆の味に隠れてチョコレートの味がほぼしないので、苦味が苦手な人におすすめです

高カカオチョコ健康レシピ

栗原毅

主婦の友インフォス

PART2 1日1片からの高カカオチョコでさまざまな不調が解消するより

チョコレートの明暗を分けるのはカカオの含有量。「チョコは糖尿病の敵」「ダイエットだからチョコは我慢」は大間違い。実は、カカオ分70%以上のチョコレートは、血糖値・ヘモグロビンA1cを下げ、肥満を防ぐ優秀食なのです。いつ、どのくらい、どう食べるのが効果的かを生活習慣病治療の専門医が詳しく解説しています。また、雑誌など各メディアで、糖尿病をはじめとした生活習慣病対策のレシピを提供している栄養士が考案した、毎日おいしく食べられるレシピを豊富に紹介。

     width= 楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ