HALLOM(ハロム)

更新

腸内環境を整える食べ物はどっち?【管理栄養士監修】

腸内環境を整えるると美容・健康効果があると言われることから、生活に「腸活」を取り入れている方も多いですよね。日々の食事は腸活とは切っても切れない関係にありますが、どのような食品を選ぶと腸内環境を整えることが出来るのでしょうか。管理栄養士監修の書籍からご紹介します。

新生暁子(管理栄養士)

  • 閲覧数:972 views

目次

  1. ○腸から元気になる朝食定番パン対決! ライ麦パンVSイギリスパン
  2. ○腸から元気になる和菓子おやつ対決! 大福VSくずもち
  3. ○Answer
     
    • 腸から元気になる朝食定番パン対決! ライ麦パンVSイギリスパン

      ライ麦パン

      ライ麦パン

       ライ麦パンの栄養(1枚)

       エネルギー:229kcal タンパク質:5.3g 脂質:1.3g 炭水化物:41.4g 食塩相当量:0.8g

      イギリスパン

      イギリスパン

       イギリスパンの栄養(1枚)

       エネルギー:158kcal タンパク質:5.6g 脂質:2.7g 炭水化物:28.0g 食塩相当量:0.8g

    • 腸から元気になる和菓子おやつ対決! 大福VSくずもち

      大福

      大福

       FOOD DATA

       もち、片栗粉、つぶあん

       大福の栄養(1個)

       カロリー:232kcal タンパク質:4.4g 脂質:0.7g 炭水化物:51.0g 食塩相当量:0.05g未満

      くずもち

      くずもち

       FOOD DATA

       小麦でんぷん、きなこ、黒糖

       くずもちの栄養(1人前)

       カロリー:178kcal タンパク質:4.0g 脂質:2.7g 炭水化物:35.9g 食塩相当量:0.0g

    • Answer

      ライ麦パンVSイギリスパン

      腸内をデトックスする食物繊維がたっぷり

      腸内環境をよくするためには、食物繊維をたっぷり摂りましょう。パンであれば、イギリスパンよりもライ麦パン。穀物入りの茶色いパンのほうが食物繊維の含有量は多く、食べることでデトックス効果が期待できます。

      大福VSくずきり

      発酵食品+オリゴ糖のW効果を狙う!

      くずもちのきなこに含まれるオリゴ糖は、腸内環境を整える強い味方。さらに、くずもち自体も発酵食品のため、腸内環境を整えてくれます。おやつに和菓子を食べるなら、腸内環境のためにはくずもちを。

      腸内環境を整えるためには、デトックスできる食物繊維は必須。主食に迷ったら、うどんよりそば、白米よりも玄米など未精製の穀物を選びましょう。

カラダにいいのはどっち?

新生暁子

セブン&アイ出版

Chapter3 腸内環境をよくするのはどっち?より

太らないためには?老けない体をつくるためには?強い血管になるためには?腸内環境を良くするためには?ガンを防ぐには?栄養学の観点からオススメの食材やメニューを詳しくしていくのが本書です。

    オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ