HALLOM(ハロム)

更新

関連タグ:

苦手な人でもすぐ掃除を始めたくなるポイント

松下電器産業(現・パナソニック)の松下幸之助さんが世界的に有名な社長になっても、毎朝会社のトイレ掃除をしていたのはご存知でしょうか?掃除が苦手だったり、した方がいいのはわかっているけどやる気が起こらない人でも、この記事を読むとすぐに掃除したくなる、掃除の《目的》をご紹介します。

  • 閲覧数:85 views

目次

  1. ○掃除が得意じゃなくてもOK!
     
    • 掃除が得意じゃなくてもOK!

      実は私、掃除が得意ではありません。
      だからこそ、掃除の効率をどうやって上げようかと、いつも考えてきました。
      試行錯誤の結果、結局は床や机の上にものがないと掃除がしやすい、収納家具の前のラインが揃っていると掃除機をかけやすいということに気づきました。
      掃除が苦手だからこそ、わかったことです。
      キッチンにもあれこれと用具を置かず、できる限りの調理器具を収納する計画を立てましょう。
      外に出ているのは、壁の額と調理とは関係ない美しい瓶やキャンドルといった飾りだけというのがベスト。
      収納がいっぱいで入らないから、「ちょっと床にものを置く」「机の上にものを置く」ということがないように、収納は腹八分目になるように心がけるのが第一歩です。
      どうしても外に出しておきたい用具は、シンプルなものか美しいデザインのものにするといいですね。
      用具と関係ない、見ていて楽しくなるような「飾り」は掃除が煩雑にならない範囲で置いたり、かけたりしてみてください。
      それが所帯臭くならず部屋を楽しくするコツだと思います。

      掃除には、仕事での充実感や友人との食事の時間のような豊かさがない、生産性がないと感じていると、やる気が起こりません。
      では、掃除は開運すると言われたらどうでしょうか?
      ご利益目的でもいいので、やりたい! と思ってやることがいちばんです。
      先日ブログにベランダ掃除を始めたくなるポイントの記事を書いたら「すぐやります」「ベランダを掃除しました」という報告をたくさんいただきました。
      要するに、目的がないとなかなかしづらいのが掃除ということですよね。
      感謝しながら掃除すると開運につながるというのは事実です。
      松下電器産業(現・パナソニック)の松下幸之助さんが世界的に有名な社長になっても、毎朝会社のトイレ掃除をしていたのは、ただ掃除したかったからではなく、この理由と目的の本質をご存じだったからだと思います。
      私たちは「ご利益」目的でいいので、掃除で開運していきましょう!

      例えば、ベランダの掃き掃除、拭き掃除はときどきで構いませんのでやりましょう。
      幸運はベランダと玄関からやってくると言われています。
      ドイツでは窓から幸運が入ってくると言われていて、どの家も窓がピカピカだとか。
      もしも私が貧乏神なら、空から見渡して歓迎してくれそうな、ベランダがゴミだらけの家に入ります。
      もしも私が幸運の女神なら、裸足でベランダに立ったときに足の裏が汚れなくて、家の中も居心地いいと予想できる美しいベランダの家に入ります。
      幸運を呼び込むために、中国の皇帝の住まいの周りには、運の流れをよくするための水路を掘ったそうです。ですから、あなたの家にある水路であるベランダの溝や排水口をキレイに掃除したら、何だかいいことが起こりそうだと思いませんか?

      窓や網戸、ベランダの掃除をした後は、窓を開けたときに部屋に入ってくる風が以前より気持ちよくなる感じがするのは私だけでしょうか?
      風水は、お金はいい水の流れで、幸運はいい風の流れで入っていると言われていますから、窓や網戸とベランダ掃除は絶好の開運ポイントですね!

      注意をしてほしいのはマンションのベランダには防水シートというものを敷いた上に保護の塗装がかけてありますが、雨にしか対応してない場合があるので、デッキブラシで磨きすぎたり、ジャバジャバ毎日水を流しすぎると塗装が剝げて防水シートが破れて、階下に水漏れする可能性があります。
      ベランダのコンクリートに自然に入ってくるクラック(ヒビ)は、防水加工が取れている可能性が高いので、ベランダに置いている観葉植物の水やりも注意しましょう。
      何事もやりすぎは禁物です。ほどほどに。
たった3日で願いがかなうお部屋セラピー

たった3日で願いがかなう お部屋セラピー

山田ヒロミ

かんき出版

第3日目 「掃除」ですべてうまくいくより

心理学とインテリア設計を融合させた新しいお部屋の本。模様替え→片づけ→掃除という順番だから、誰でも続けられる画期的な方法です。

    楽天ブックス オムニ7

関連記事

この記事に関するタグ